リノベーション

d0152269_21304920.jpg京都へ行ってきました。京都造形大時代の友人達との1年に一度のグループ展です。
コンクリート打ちっ放しの壁に大きな窓からは太陽の光がさんさんと降り注ぎ、時間や天候によってに造られる光の強弱が、様々な影を作品に与えてくれます。


d0152269_21343373.jpg会場のギャラリーマロニエは、オブジェ専門の画廊。日頃は伝統工芸の仕事をしていますが、この時だけはオブジェを制作。これが結構楽しい、これでも一応、普段使っている技法を使っています。


d0152269_2141652.jpg京都には、お寺だけでなく古い建物が多く残されています。
この京都芸術センターは、廃校となった小学校をリノベーションした複合アート施設。アーティストのためのギャラリー、アトリエなどに利用されています。


d0152269_21545751.jpg中に入るとまっすぐな廊下が・・・トイレや手洗い場まで懐かしい風景が広がっています。
1階に入っているマエダコーヒーで朝食。
が給食はメニューにはありませんでした・・・。

この様なレトロ建物だけでなく、今の時代に残っているモノの多くには懐かしさだけではない力強さというか、存在感を感じてしまいます。
この時代のどれだけのモノが後世に残されていくのでしょうか?伝えられていくモノのの少しに係わる事ができたらいいのですが。

PS.リノベーション物件なるアパートを見に行った事があります。築50年の建物の内装だけを徹底的にリフォームしてあるのですが、外観は戦後間もない昭和のまんま、リノーベーションというよりは、ドラえもんの「どこでもドアー」。ドアひとつで50年前と現代がつながっています。
どうやら古いだけではダメなようです・・・
[PR]
by touboukazin | 2009-08-26 21:29 | 陶芸家
←menuへ