人気ブログランキング |

好きこそ物の・・・

お手伝いをさせていただきました。

東京国立近代美術館の子供のためのワークショップ、講師は備前の伊勢﨑淳先生。人間国宝が直接、子供に教えるという豪華な企画、陶芸家だったら参加してみたい垂涎の企画、なれるものであれば子供になりたいと思う人も多いことでしょう。

最初はおとなしく作っていた子供たちも、雰囲気に慣れるとどんどん個性的な作品に。作りたいものを作っている時の方がいきいきしているし、上手になる近道ですね。
といっても作りたいものを作るために我々は日々、技術の習得に励んでいるのですが。

下の画像は焼き上がりの作品、子供がはじめてロクロで作った作品には思えません。きれいに緋色が出ています。
焼成時間は65時間もの長時間。はじめての焼成なので、ほぼつきっきり。その上、途中2度の地震(それも震度5!たぶん?)がありましたが、棚板が崩れる事もなく無事に焼けました。

d0152269_1053414.jpg


PS.お手伝いといっても勉強させていただいているようなもの。貴重な経験をさせていただきました、ありがとうございます。
by touboukazin | 2009-08-12 22:23 | 陶芸家
←menuへ