インフル ビケンHA・・・

d0152269_214061.jpg「今年は、もう在庫がないんだよねー」とお医者さん。
肘の薬をもらいにいった整形外科でワクチンを打ってもらおうと聞いてみました。
新型は、もちろんですが季節性のインフルエンザワクチンもないらしい。他のお医者さんに行っても同じかな・・・と思っていると
「さっきキャンセルがあったので、ありますよ」
とうしろから看護婦さん。
本当は肘の薬だけもらって帰ろうと思っていました、でも診察しないとって言われてシブシブだったのに、ラッキーでした。

予防接種は副作用もあって受けない人もいるようですが、一人で仕事をしていると代わってくれる人もいないし、お休みにもできません。ましてやお客さんにうつす訳にもいきません。
以前に一度、個展の前に風邪をひいて大変な目にあったので、以来毎年受けるようにしています。新型の事があったので今年は、早めに行ったつもりだったのですが。


d0152269_21523891.jpg病院への途中で公園の前を通ると赤いモノが目に入ってきました。よーく見ると電車、それも丸ノ内線の旧型車両でした。
御茶ノ水駅ホームから見える風景は格別です。アーチのきれいな聖橋の下、神田川のむこうのトンネルから出てくる丸ノ内線の赤い車両が、きれいでした。電車を待つ間に見ることができると、とてもとても嬉しかった。東京で好きな風景の一つでした。

その丸ノ内線500系の車両も今は引退して、今はアルゼンチンのブエノスアイレスでまだまだ活躍中だそうです。


PS.『本剤は、インフルエンザウイルスのA型及びB型株をそれぞれ個別に発育鶏卵で培養し、増殖したウイルスを含む尿膜腔液をゾーナル遠心機による蔗糖密度勾配遠心法により濃縮精製後、ウイルス粒子をエーテル等により処理して分解・不活化したHA画分に、リン酸塩緩衝塩化ナトリウム液を用いて規定濃度に混合調製した液剤である。』

なんのこっちゃ???まったくわからん!

『有効成分(製造株) A型株 A/ブリスベン/59/2007(H1N1)Aソ連型 A/ウルグアイ/716/2007(H3N2)A香港型  B型株 B/ブリスベン/60/2008』

うーん・・・A型にもB型にも効くってこと???
[PR]
by touboukazin | 2009-11-17 22:28 | ひとり言
←menuへ