「七重八重 花は咲けども 山吹の実の一つだに なきぞ悲しき」

昨年の秋に植えた山吹の花が咲きました。まだ樹高80cm程度、花もすこし咲いただけですが黄い色がとてもきれいです。
別名Japanese rose、日本の春にふさわしい植物の一つですね。

ずっと前から植えたいと思っていたのですが、一つ重大な問題が。
この句に読まれたように山吹の花は実をつけません。
実を結ばないことと、貧しくて貸すべき蓑がないことを掛けているのですが、ザクロの実が落ちたでだけで気になってしかたがない私、実が結ばないなんてとんでもありません。それじゃあなくても最近、作っては壊れ作っては壊れの連続なのですから・・・

調べているうちに気がつきました、八重の山吹は、実をつけないけれど一重の山吹は実をつけることに。
もともと一重の山吹が植えたくて探していましたので・・・これで安心して山吹の花を楽しめます。ヨカッタヨカッタ!
d0152269_9522991.jpg

PS.6月になるとザクロの花が咲きはじめますが、ほとんどの花は落ちてしまい実がなるのは例年1.2個。一つもならない年もあります。
成り物は一年おきとよくいいますが、ザクロの実が大きくなる時期は本展(伝統工芸展)の発表の時期でもありましてオー・ヘンリーの「最後の一葉」じゃないけどとても気になります。あの実が落ちたら私も落ちるんだと。

いっぱい秋に実がなる木を植えようかな〜
[PR]
by touboukazin | 2010-04-16 22:47 | 自然
←menuへ