今日は、

本展(日本伝統工芸展)の持込搬入最終日です。
車を持っていないので輸送は赤帽さんにお願いしています。私は電車で行って現地で待ち合わせ、そして作品の出品作業は自分でおこないます。もちろん赤帽さんは納品作業までやってくれるのですが、一年のすべてを掛けて作品を作っているので少しでも危険を避けようかと・・・まあ危機管理ですね。

朝8時に赤帽さんに荷物を渡して出発です。御茶ノ水で総武線に乗り継いで西船橋へ、そこからは交通手段がないのでタクシーで向います、そして搬入会場がこちら↓
d0152269_13125992.jpg

今年はいつもより30分早い10時30分には搬入終了、例年受付番号が1100番台という最後の方(出品点数約1200点)のなのですが、今回は800番台。


それにしても前日深夜に最後の窯出しをして
d0152269_13222499.jpg

当日、朝6時に梱包をして
d0152269_13225454.jpg


ぎりぎりなんとか最悪の不出品だけは避けられました。本展の審査は入選するしないは別として自分の作品を見ていただく一年に一度しかない貴重な機会なのです。なにがあっても出品できるようにしないといけないと思ってます。



PS.搬入時間はいつも11時と決めています。朝一で行った事もありますが、人が多く混んでいるので慌てて作品になにかあるといけないので、朝の混雑が終わって係の人が昼食になる前の11時が一番かと。
それにこの11時ですが、万が一輸送中になにかあって破損した場合に予備の作品を取りに行って帰ってきてもらうのにはギリギリの時間(八王子まで往復4〜5時間)。ちょっと違いうけど飛行機が離陸するか止めるかを決めるための速度、V1(離陸決定速度)みたいなものですね。これも一種の危機管理です。

えっ? 「えらそうなこと言ってねぇで、初日に搬入しやがれ!」 って?

まことにおっしゃる通りでございますm(__)m
[PR]
by touboukazin | 2010-07-24 23:58 | 陶芸家
←menuへ