第62回千葉県美術展覧会(県展)

千葉県展に出品すること12回、今回はじめて実行委員としてお手伝いをさせていただきました。在住者だけでなく出身者にも門戸を解放している県展ですが、過去2回ほど賞をいただいておりますのでせめてものご奉公にと。
d0152269_19105392.jpg
足を運んだのはのべ8日間。仕事内容は下記の通りです。

09月19日(日)合同会議、メンバー顔合わせと今後ののスケジュールの確認。
10月02日(土)搬入1日目、出品作品の受付業務、受付開始時間前から列ができるほどに。
10月03日(日)搬入2日目、出品者の真剣さと作品のレベルの高さに驚かされる。
10月04日(月)審査のお手伝い、主な業務は作品の移動。あまり広くない会場でヒヤヒヤ。
10月05日(火)図録写真撮影と入落通知の発送準備。落選通知は見たくないものです。
10月15日(金)陳列作業、伝統工芸展と違って壁面に飾る作品もあり勉強になる。
10月22日(金)授賞式にて賞状・賞品の授与業務。そのあと2つの懇親会で飲み続け。
10月24日(日)搬出業務、引取りに来る出品者に作品を渡す。事故もなく業務終了。

今までは出品するだけでしたので、これほどまでの仕事があったとは知りませんでした。会を運営して展覧会を主催する事はこれほど大変なことなのですね。また審査に立ち会う事ができたのでこれもまた大変、勉強になりました。貴重な機会を与えていただきましてありがとうございました。

また今回、陶芸教室開講スケジュールの相次ぐ変更で、陶芸教室会員の皆様には多大なご協力をお願いした事を、深く感謝いたします。ありがとうございました。


PS.朝5時に出て、八王子から千葉までは約3時間100km、のべ1600kmの移動距離となりました。と言っても毎日、遠くまで通勤しているサラーマンの皆さんには遠くおよびません。
[PR]
by touboukazin | 2010-10-24 22:53 | 陶芸家
←menuへ