県展-番外編

県展の会場となっている千葉県立美術館の最寄り駅は「千葉みなと」。千葉港に突き出した埠頭にあります、ということでまわりには働くお船がいっぱい。帰りにちょっとのぞいてみました。

d0152269_17132252.jpg
ちょっとカワイイこのお船、船名は『はやぶさ』。日本中が感動したあの名前と一緒です。「麻薬の密輸阻止横浜税関」と書いてありますね、そのわりにあまり早そうじゃないけど・・・マフィアの船に追いつけるのかな?でよく見ると「横浜税関千葉税関支署」の文字、千葉は横浜の管轄なのだろうか?ちょっとくやしい感じです。

d0152269_17135452.jpg
こちらもいま注目、YouTubeでおなじみの戦う「海上保安庁」であります。がんばれ「海猿」!!『ふさひかり』お米の名前みたいなのんびりした船名ですが、海上保安庁第3管区千葉保安部所属はつひかり型燈台見廻り船。それにしても燈台を見廻る専用の船があるとはしりませんでした。

d0152269_17145675.jpg
すっきりしたデザインのお船は千葉県警水上警察隊所属の警備艇『ぼうそう』。HPによると巡航速力36ノット(67km)とかなり早い、水上警察隊で一番の大きい警備艇らしい。これなら安心してまかせられそうですね。

d0152269_171425100.jpg
赤と白のコントラストがとてもキレイ、そしてチョーかっこいいです。貨物取扱量日本一の千葉港を災害から守る千葉市消防局の消防艇、『まつかぜ』、高度救急救命設備もそなえた高速多機能消防艇だそうです。とても早そうなお船ですが、速力は18.7ノットあんまり早くないです。

d0152269_17152343.jpg
そして帰りに気づいたのですが、『関係者以外立ち入り禁止』の看板が・・・どうみても関係者であるはずもない(納税者ではありますが)カメラを持った不審者、北のスパイにもアラブのテロリストにもマフィアの親分にも見えなかったのでしょう。訓練中の消防士さんも無関心でした、そんなことで大丈夫かな?

d0152269_17154266.jpg
最後にこの絵、私の伯父さんの作品です。日本画のように見えますが出品部門は洋画、私よりずっと前から出品し続けています。モチーフは利根川を佐原側見た風景、ゆったりと流れる坂東太郎と秋の空がよく現されています。


PS.ブログを書いていていま気づいたのは、船名のつづり方。船首から順に書くいていくのだと思ってました。左舷は問題ないのですが、疑問なのは右舷。昔は『ぜかつま』って逆さまに書いてあったような気がします。町を走っている車も『店装塗村志(合)』だっと思います、いつから変ったのでしょうか?
もっとも虎屋は、いつも『やらと』ですが。
[PR]
by touboukazin | 2010-10-25 17:12 | ひとり言
←menuへ