2ヶ月遅れのスタートです

本展(日本伝統工芸展)向けの作品制作を開始しました。

例年、支部展の搬入が終わったあたりから始めていますが、直後に震災があり、その後の計画停電や実家に帰ったりと、まったく手つかずの状態でした。
d0152269_22145917.jpg
1つ目のロクロを引いたのが5月16日、約2ヶ月遅れのスタートとなりました。この鉢は象嵌が終わって乾燥中、その他に象嵌中の鉢が1つ、削り待ちの鉢が1つ、と現在3つ制作進行中です。今日もこれから1つ鉢を引く予定(無理かな?こんな時間じゃ・・・)にしています。

遅れてのスタートの上に、またいつ計画停電(素焼と還元焼成ができません)が復活するかもわからず、不安と焦りがつのりますがせめて出品できるように頑張りたいと思います。

こんな時代に「必要とされている職業なのかな?」と考えることもたびたびですが、一人でも多くの人に「きれいだな」と言ってもらえるような作品を作るのが我々の仕事だと思っています。またそれでなにかを感じてもらえたら嬉しいです。


PS.こんなブログを書いていたら日本工芸会からお手紙が・・・「本年は輸送搬入だけになって締切が早くなってるから気をつけてね!」だって!
え〜そりゃないよぉ〜「震災のため・・・」と書いてあったので締切延ばしてくれるのかな?って期待してしまいました。
まぁルールは平等だからしかたがないですね、締切延ばしても私の場合、どうせギリギリになっちゃうから・・・
[PR]
by touboukazin | 2011-05-24 22:07 | 陶芸家
←menuへ