謹賀新年2016

d0152269_1440163.jpg
d0152269_14402098.jpg

「おい、かあちゃんよ。今日はだれも出てこないがね。従業員はみんな辞めたんかね」

「なに言っているの。今日は正月よ」

「ああそうか」

と言って彼はまた、仕事を始めたそうです。バイク(と言っても自転車にエンジンをつけただけ)から始まり自動車、F-1そして今は飛行機まで作る本田技研工業の創業者、本田宗一郎のエピソードです。


「素質も実績もないのであれば、圧倒的な時間の投資を」こちらはソフトバンクの孫正義の言葉ですが、では、才能がない人がどれくらい働けば成果を出せるのでしょうか?

コロンビア大学シミュレーションによると人の3倍の時間(1日12時間=3200時間)を投入すると、大体勝てるようになり、4倍(1日14時間=3700時間)を投入すると、才能が劣る人でもまず「負ける」ことはない。どんなに実力が劣る人でも、5倍の4140時間、働けば圧勝できるようになる。そして、これを10年〜15年ほど続ければ、成功する。

ということになるそうですが、この私、

陶芸の道に入って今年で17年、睡眠時間以外の時間はすべて仕事に費やしてきたつもりですが・・・。今のところ、まだ圧勝どころか勝ちもないようです。本田宗一郎とは実力が違いすぎるのでしょうか?

その宗一郎氏は、年間5500時間(1年間1日も休みなしで、1日15時間)を35年続けていたとか・・・。

私には、まだまだ努力が足りないようです。

「成功」までにあと約20年か、うーん・・・、ずいぶん先のようですね(^_^;)

本年も、年間5500時間労働を目標に頑張ります〜、一人ブラック企業ですね!



PS.「じゃあ、あんたいつ酒飲んでるんだい?」って声が聞こえてきそうですが、睡眠時間を削ってって事にしておきましょうや(^_^;)お正月なんで夢がないといけない。
[PR]
by touboukazin | 2016-01-03 14:54 | 陶芸家
←menuへ