人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 9 )

会場当番のため、都心に出かけたので、以前通っていたお店に行ってみることにしました。まずは御徒町にある『佐原屋本店』です。JRのガード下にあるこのお店ですが、なぜか昼間は八百屋さん。
d0152269_11565593.jpg

あたりが暗くなる頃には、八百屋さんも店じまいして、居酒屋ののれんがかかります。そして脇の引き戸開けて中に入ると…
d0152269_1201337.jpg

長いカウンターと昭和の香りでいっぱいです。酒飲みの教祖「なぎら健壱」先生の色紙の飾ってあり、まさに下町居酒屋聖地巡礼です。
d0152269_1231230.jpg

が…行ってみてびっくり「八百屋がない!」恐る恐る中に入ってみると昭和の香りは一掃されて小ぎれいになっちゃってました。いつもお相手をしてくれたお姉さん(むかしの)に聞くと1年半くらに改装したとの事。「メニューは変ってないから」って言ってましたが、よくみると「ピーみそ」がない!千葉県人の常食「ピーナッツみそ」をつまみにできる店はここだけだったのに…ウィスキーの水割りにぴったりだったのに…残念!
d0152269_1251795.jpg

気を取り直して次に向かうのは、東京駅八重洲口にある『通人の酒席 ふくべ 』。カウンターには、日本酒がずらり。燗付け器もあって雰囲気は抜群です。
d0152269_1215097.jpg

有名銘柄やめずらしいお酒もいいですが、ここでは昔ながら酒蔵の酒をぬる燗でやるのが一番。高清水をいただきました。
d0152269_12183537.jpg

つまみは、やっぱり「たらこのチョイ焼き」と
d0152269_12211630.jpg

たたみイワシなんかが、ぴったりです。
d0152269_1222519.jpg

二軒とも、たぶん3年ぶりぐらい?に行きましたが、「あ〜ら、いっらっしゃい久しぶりね」「今日は、いつもより早いね〜」なんてあたりまえの様に言われると、嬉しいものです。 
d0152269_12292426.jpg

東京駅に着くと「グランルーフ」なるものができあがっていました。プラダやヴィトンなどの高級ブティックなんかができても八重洲口の夜景といえば、やっぱりこれ
d0152269_12525114.jpg

「昭和天ぷら粉」と
d0152269_12575093.jpg

この「中山式」でしょう!この赤いところには、むかしNOVAの大きなウサギがありました。潰れちゃったからね〜、んっ???あれっ???遠くに見慣れたシルエットが…
d0152269_12564633.jpg

ノバうさぎ復活だ!!!目つきが前よりやさしくなっているようです、年を取ったからかな?それにしても今日は、いい一日でした。時を経てお客さんもお店も変わっていたけれど、お店をやっている人の気持ちは変わっていないことがわかって嬉しかったです。
d0152269_13241187.jpg

上野広小路駅で初めて見かけた銀座線の新型車両。慌てて撮ったのでちょっとぶれちゃった(^_^;)
by touboukazin | 2013-09-25 23:56
本日より開催いたします。60回記念展の初日にふさわしく雲一つない秋の空が広がっています。写真は、工房の屋上(5階)から高尾山の方角を向いて撮影したものです。
d0152269_12272832.jpg

今年も東京展は日本橋三越本店で開催されますが今年の会場は、本館と新館の2ヶ所になっていて各部会が等しくそれぞれに展示するという事になっていました。ご来場の皆様、どうぞお気をつけください。私の作品は、本館に。そして人間国宝による伝承者養成研修の作品は、新館『わざを伝える』のコーナーに展示されています。
d0152269_12184631.jpg

『第60回日本伝統工芸展』は、9月18日(水)~30日(月) 日本橋三越本店 本館・新館7階ギャラリーにて開催します。開催時間は。午前10時〜午後7時まで、最終日のみ午後6時閉会です。

また24日(火)は会場当番として一日会場におります。お見えになった時にはお声をおかけください。分かる事は、何でも説明いたします・・・。また展示されている作品はお買い求めもできます、こちらもどうぞよろしくおねがいします。


PS.工房の住所は八王子市散田町3-17-18瀬沼ビル1Fなのですが、よく「ビルの一階なんてすごいですね〜」言われます。勘違いしている方が多いようですが、この5階建のビルを間借りしているだけで、もちろん自社ビルなんかじゃありませんので。1000円の茶碗を売ったお金で毎月家賃を払っているのです…(T_T)
by touboukazin | 2013-09-18 12:49
先日、第60回日本伝統工芸展の結果発表があり、入選する事が出来ました。今回は60回記念展であること、井上萬二先生のところで二年間学んだ『白磁研修』結果発表の場であること、もあり入選できてホッとしました。
d0152269_1624244.jpg

第60回日本伝統工芸展は、2013年9月18日(水)から9月30日(月)まで日本橋三越本店にて開催されます。詳細につきましては、また後日ご報告いたします。



PS.入選発表は、当日の朝日新聞地方版に掲載されます。新聞を月単位で購入することできない深い事情を抱える多くの陶芸作家は、近くのコンビニや駅のキオスクに新聞を買いに行き入落を知る事になります。
近年は、インターネットでの発表もおこなわれていますが、私はこれがどうも苦手、毎回新聞を買いに行っています。

入選していた場合、お祝いのメールやお電話をいただいてとてもありがたく思っております。が、あまり早い時間でのメールはご遠慮いただけないものかと…。新聞をドキドキしながら開いている時にメールはちょっと…心臓にあまりよくありません。それに朝起きてメールが来ていないと「あぁダメだったのかな?」とかいろいろ考えてしまいます。搬入から一ヶ月あまり、毎年不安な夏を過ごしている我々には、どうぞご慈悲のほどを願い申し上げます。
by touboukazin | 2013-08-23 17:02
2ヶ月遅れでスタートして締切が1週間早くなってしまった本展(日本伝統工芸展)への作品制作ですが、のこすところ5日となってしまいました。

今日最後の本焼も例年より1週間早く終了です。
d0152269_9403212.jpg

といっても、このあとまだ4回窯焚きしなくてはなりません、やれることがある限り、すべてやらなくては!暑い日が続いて節電の東京には厳しい毎日ですが、あと少しがんばります。
by touboukazin | 2011-07-13 09:21
工房を7時半に出て、開店を待つ人でいっぱいの三越本店へと向います。入口にいるのは異国の方々(たぶん)、買い物客にはとても見えない労務者風の人たち(われわれです)、そして仕立てのよい背広をお召しの紳士(人間国宝の原清 先生)です。

今日は明日からの日本伝統工芸展作品陳列の日、朝10時に集合です。作品搬入が7月25日ですので約2ヶ月ぶりの作品との対面となります。
d0152269_1526274.jpg


作品を箱から出して陳列台へ並べて行きます。一番の楽しみは(ご苦労様の一杯以外で)作品を触ることができること、見るだけではわからない質感や凹凸、ロクロの挽き方や高台の削り方まで全部近くで見て触って勉強することができます。
d0152269_1527929.jpg


去年は夕方5時から始まって7時過ぎに終了したのですが、本年はなぜか10時からの作業を開始だったので、終了したのは昼の12時半。
「こんな時間に終わっちゃってどうするの!」「どこもやってないぞ!」と言っていましたが、最終の新幹線に乗るT橋先生を見送ったのは、去年と同じ時間でありました・・・
飲む時間が長くなっただけですね(^_^;)

「入選できたんだな」と実感が湧くのが、この陳列の日。だからついつい飲み過ぎてしまいます。もちろん懇親会もありますが、全国から作家が集まる本展は我々地元東京の人間はお迎えする側、ホスト役です。

第57回日本伝統工芸展
日本橋三越本店 本館7階ギャラリーにて9月22日(水)から10月4日(月)の10時から19時まで開催です、どうぞご高覧ください。

PS.約半日、飲み続けていたことになりますが、びっくりするくらい酔っていない(@_@)
長い時間を掛けて飲むと段々カラダが慣れて来るのかもしれません。まるでドジョウが自分のゆでられているのに気がつかないように・・・
by touboukazin | 2010-09-21 23:25
八王子を出ること4時間半、やっと到着しました。距離にしても150km程度しかないのにこの時間、千葉県は川と海に囲まれ半島になっているので交通の便があまりよくありません。

記憶にある範囲では何も変わっていない(色だけは変りました(^_^;))駅舎。いつもは誰もいない駅ですが、さすがにお盆休み珍しく混みあっています、それに普段はあまり見ない若い女子まで・・・(@_@)
d0152269_12143928.jpg


実家までは歩いて15分程度、これが6年間通っていた小学校です。その当時は確か一学年6クラスあったと思いますが、今はどうなでしょうか?誰も遊んでいませんねぇ〜。
d0152269_12201238.jpg


毎日遊んでいた神社のそばを通っていきます。よく缶蹴りをしていました、一人で隠れているととても怖かった思い出がありますが、以外に明るかったんですね。
d0152269_12234318.jpg


町の中心を流れる川を渡ります、利根川の支流で名前はなぜか黒部川(^_^;)8月1日の花火大会のぼんぼりが残っていて夜はとてもキレイになります。
d0152269_1229938.jpg


かつては人でにぎわった商店街も今はこの状態。いわゆるシャッター通りです、郊外に大型店舗ができると中心市街地に人がいないゴーストタウンに。地方社会の厳しい現実です。
d0152269_1451308.jpg


帰省の目的の1つは、ご先祖さまのお墓参り。こちらもこの時期だけはにぎわいます。このお寺だんだん狭くなってしまいました、町の人口が減ってお墓が増えてゆく皮肉なことですね。
d0152269_1510963.jpg


帰省には、さらにもう一つの大きな目的があったのでした、それは次号へと


つづく

by touboukazin | 2010-08-14 22:13
d0152269_17433639.jpg


いつもお世話になっている居酒屋『いち助』さんが、10周年をめでたくむかえました。

西八王子に工房開設したのが1999年の10月、その半年後に『いち助』さんが開店しました。10周年といっても大将の「いっちゃん」は修業時代を入れるとこの道20年の大ベテラン、この10年間おいしいお魚とお鮨だけでなく、いろいろな事を教えてもらいました。

これからもどうぞよろしくお願いしますね!!

海鮮居酒屋『いち助』は、工房のそば八王子市散田町3-28-29にあります。
営業日は火曜日から日曜日まで、月曜日と第3月曜日がお休みとなっています。
営業時間は午後5時から午後12時まで、日祭日は午後11時までです。

いつも混んでいるので電話をした方が確実です。
電話は、042-667-0282ですが、その前に工房にお立ち寄りくださいませ。
一緒に行きましょう!!
by touboukazin | 2010-05-27 23:41
d0152269_14463094.jpg1年間の八角鉢の成功率です。

去年の本展向け作品制作が始まったのは2009年4月、ほぼ1年前。以来、制作点数14点でとれたのは、たったの1点にすぎません。

丸くロクロで挽いた鉢を八角にカットしています。その上に冷却還元で素地に負荷をかけているので今までも5個に1個ぐらいの確率で割れていましたが、この一年で大幅に歩留まりが悪化してしまいました。
作り方を変えた訳でも、むしろ毎回改良を加えています。今回も原因と思われる事はすべてつぶしたつもりだったのですが、八角鉢は1つもとれませんでした。
象嵌の仕事をしている方にはわかっていただけると思いますが、すべての仕事が終わった本焼後に割れてしまうのは一番ショックが大きい失敗です。画像は今回割れてしまった作品たち。

d0152269_14465245.jpgそんな状態ですが、なんとか入選できました。(^_^;)

今年は図録係に任命され写真撮影のお手伝いに行って来ました。

図録は制作スケジュールの関係で審査の翌日、入落発表前に写真撮影をしなければなりません。
つまり会場に行って初めて自分の入落を知るという事になります。

9時半の集合でしたが、いてもたってもいられず8時に着いてしまいました。
鍵が開くのを待って会場に入ると入選作品は机の上に、落選作品は机の下に、置かれているようです。

ドキドキしながら会場を見ても自分の作品が見当たりません。「なんだ、ないじゃんダメかー(T_T)」がっかりして机の下を見ていると、ありました!それも机の上に!
横にして置いてあったのでわからなかったようです(背の高い作品は横にしてあるらしい)。
また長い長いそして心臓に悪い一日となりました。


その第50回東日本伝統工芸展は、
2010年4月21日(水)〜4月26日(月) 日本橋三越本店新館7階ギャラリーにて開催です。どうぞご高覧ください。25日(日)は、会場当番として終日会場におります。

追伸 初めての図録係でしたが、一日中作品を見てそして作品を触る事ができて、いい勉強になりました。あと2回校正作業がありますが、よい図録なるようがんばります。
by touboukazin | 2010-03-08 14:45

「表は雪が降ってる一面の雪化粧
d0152269_210145.gif
  ~中略~

あたりに人影はなく

街もまだ目覚める前・・・ 」

・・・そんな歌を思い出しました。



 あけましておめでとうございます。

大みそかから降り出した雪は元旦まで降り続き、まさに『雪の朝』※1になりました。


d0152269_21058100.gif
 雪が降ると、とても静かでろくろがはかどります。

2月に日本橋高島屋での個展を控えているため

大みそかの年越し蕎麦※2も、

お正月のお雑煮もアトリエで食べました。



 おかげさまで昨年はよい年になりました。

ことし2003年はどんな年になるのでしょうか?

個展が2、4、8、11月と続き忙しい年になりそうです。


よい一年でありますように!!

d0152269_2112594.gif


※1:グレープ『雪の朝』
  たぶん70年代、家にあったレコードでよく聞きました。 だれが買ったんだろう?

※2:知る人ぞ知る名店『大野庵?』の蕎麦(教室の生徒さんの大野さんの手打ち蕎麦)
    大野さんごちそうさまでした。
by touboukazin | 2003-01-01 20:54
←menuへ