カテゴリ:酒場探訪( 4 )

明日は陶芸教室のイベントで笠間へ、今日は水戸に泊まる事にしました。観光協会のHPによると現在の開花率は、9%とのこと、それでも偕楽園に向かいます。観光客もちらほらと…
d0152269_1162592.jpg

この好文亭は水戸藩の藩主で、最後の将軍・慶喜の父、徳川斉昭が設計したものだそうです。西洋の香りが感じられる建物ですね。
d0152269_117857.jpg

3階からは千波湖が望めます。紅梅が3分咲きといったところでしょうか?生涯で3度目の偕楽園ですが、前回は人で人でいっぱいだった記憶しかありません。これはこれで空いていてよかったです。(負け惜しみではありますが…)
d0152269_1174960.jpg

こちら斉昭が祭られいる「常磐神社」の境内には、地元酒蔵の樽でいっぱい。お日様も西へと傾き、そろそろお努めの時間が近づいて来たようです。
d0152269_1181921.jpg

JR水戸駅から5分ほど、坂を上る途中には、「水戸東照宮」があります、この赤い鳥居の手前を曲がると
d0152269_1940156.jpg

そこには旧き良き昭和の世界が…。これだけの商店街が残っているのは珍しい、ほとんど飲み屋さんでしたが、シャッターが閉まっているお店がまったくありません。
d0152269_19421929.jpg

が、本日のお目当てはこちらのお店、神社の脇の路地をさらに入っていきます。あまりにもストレートな名前ではありますが、その名も「かにや」さんへ向かいます。
d0152269_19495890.jpg

まったく初めてのお店、ホテルに行く途中にちらっと見えただけですが、フロントのお姉さんに確認済み「海の物が美味しいですよ〜」美人の言葉に、間違いがあるはずもありません。
d0152269_19471628.jpg

コの字のカウンターには、歴史を感じさせる雰囲気が。居酒屋の通人、太田和彦の言葉に「良い居酒屋を探すには古い店を探せ」とあります。
d0152269_1955531.jpg

まずは、「かつお刺し」「白菜の漬物」そしてお酒は水戸、吉久保酒造のお酒「からくち一品」をいただきくことに。なんと300円!
d0152269_202450.jpg

そして本日のメイン「毛ガニ大2500円」です。(特大は7500円です)お酒は、笠間のお酒「郷の誉れ」そして大洗の「月の井」と地元のお酒ばかり3種類を3回転ほどつるっと…おいしゅうございました。
d0152269_2085693.jpg

さあそろそろ次のお努めへ、と思っていると二階から大勢の人が降りてきます、上では、宴会ができるようですね〜。お店の方々も親切で、とてもいいお店でありました。



PS.「海老、蟹あるとことに女性あり」ですね〜、とても渋いお店ですが、かなり女子率の高いお店でした。
[PR]
by touboukazin | 2015-02-14 23:58 | 酒場探訪
岩手での仕事を終えて新花巻へ、そして釜石線で花巻へ移動、東北本線で一ノ関行きの電車に乗ります。一ノ関で小牛田行きに乗り換えるつもりでしたが約40分の待ち合わせ。まったく始めての町でしたが、途中下車をしてみました。
d0152269_215531.jpg

予想に反してこの街には飲み屋さんがいっぱい、20分近く歩き、散々迷った末に入ったお店が、ここ「酒肴庵 『喜の川』」です。「ひやおろし各種入荷しました」の看板にちょっと引かれました〜
d0152269_2162410.jpg

まずは、「メヌケの煮付け」と岩手のお酒「月ノ輪」の特別純米をいただく事にしました。冷蔵ケースに東北のお酒がいっぱい、お魚メニューも豊富にあります。
つるっと一杯目をやっつけて、次は同じ岩手県陸前高田のお酒「酔仙」純米酒と「イカの塩辛」をお願いしました。
d0152269_2165552.jpg

お店に入った時から一つ気になっている事がありました、席を空けてくれた男性です。60代、中肉中背、黒のジャケットにハ黒いハイネックのセーター、テレビで見たまんまの出で立ちです。そう「居酒屋の通人」「ニッポン居酒屋紀行」の太田和彦さんではありませんか!氏の「ニッポン居酒屋放浪記 立志編」は私にとってバイブル的な存在です。いつか日本全国の居酒屋を旅してみたいと思ったものです。


まさかここで会う事ができるとは…それもたまたま降りた東北の町で。これは偶然ではなく必然なのではないでしょうか!この場所でこの時間で出会う確率はどれぐらいあるのでしょうか?

きのう11月5日は、171年に一度の名月、ミラクルムーンだそうです。月が会わせてくれたのかもしれませんね!




PS.声を掛けられずに終わりましたが、お店の方によると年に2.3回みえるそうです。「たぶん次はジャズ喫茶に行ってますよ〜」と教えてくれたのですが、それもストーカーみたいなので泣く泣く断念。一ノ関はジャズ喫茶の街として有名だそうですね、

帰った夜にタモリの新番組「ヨルタモリ」を見ていると、タモリが一ノ関のジャズ喫茶のマスターに扮して登場。また一ノ関とは…今週は、いろんな偶然が重なっている気がします。

出会いとえば、宿泊地、遠野で入った居酒屋の「サンマの刺身」は、今までに食べた事のないぐらい美味しかった。東京で食べるサンマの刺身は脂がしつこくて、生で食べるもんじゃない、と思っていましたが、まさに絶品でした。高級店でもなく普通の居酒屋さん、たしか刺身が380円、焼きが480円とかなりリーズナブル、産地だからでしょうかまさに地産地消ですね〜。

太田さんを知らない人はこちら→をご覧ください。
[PR]
by touboukazin | 2014-11-15 12:15 | 酒場探訪
わけあって東海道本線「大垣駅」を下車することに、改札を出ると外はもう真っ暗です。かつて東京駅を深夜に出発して、翌朝7時に大垣に着く普通列車がありました。寝台車ではなく、まっすぐな4人掛けの椅子に座ります、車内が暗くなる訳じゃないので本を読みながら外の景色を楽しむことができました。
d0152269_12512115.jpg

そんな大垣駅ですが、降りてみるのは今回が始めて。八王子駅に似た駅舎を出ると駅前には商店街広がっていました。もちろん、こんなに明るくてきれいな通りには目指すお店があろうはずもありません、細い路地と暗い道を探してひたすら歩きます。
d0152269_12513553.jpg

するとありましたありました、いい感じの店が!お店の前には、縄のれんと酒樽が。そしておじさんが乗ってるらしき自転車、店主の趣味をうかがわせる植木、次を期待させる雰囲気が漂っています。大垣市栗屋町『大衆酒場 盛升』
d0152269_1252375.jpg

中に入るとコの字のカウンターにおばちゃん、大衆酒場の定番です。お酒の常温を頼むと出て来たのはこちら「千代菊」、裏面には岐阜県羽島市とあります。「岐阜羽島」の羽島でしょうか?つきだしは、「ポテサラ」掴みはバッチリですね〜あっ、写真撮るの忘れて半分食べちゃた!
d0152269_12522248.jpg

お酒のお替わりと「コロッケ」を注文、つきだしと被りますが、静岡で学んだのは「食べたい時に食べる」ってこと。次のことを考えずにそのとき食べたい物を食べることにしました。常連の皆さんが頼んでいるだけあって、これは絶品でした。ジャガイモとひき肉の割合、そしてナツメグがほどよく効いていて、昭和の思い出いっぱいのお味です。
d0152269_12525488.jpg

お酒は、ずっと「千代菊」常温、そしてこれも皆さんが「ハムちょうだい」って頼んでいた「明宝ハム」をお願いすることにしました。地元のハムなんでしょうか?和風のサラミのような、あっさりとそれでいてしっかりとしたお味。始めて食べる味です、また食べたくなる味です。常連さんは「ちょっと炙ってね」っていってたので焼いても美味しいのでしょう!
d0152269_12531086.jpg

お酒3本、つまみ3品で2500円、そして歴史を感じるお店とおばちゃん、楽しそうに話しをする常連の客さんの会話がいい酒の肴となりました。関西のおっちゃん達も結構、いい味出してました。ほんとの酒飲みに悪いやつは、いませんね!いや〜ほんとに、いいお店でした。
帰りの駅へ向かう途中でスーパーに寄ってみると、肉売場に「明宝ハム」コーナーあり、「贈答用箱詰めできます」なんて書いてありました、きっと地元で愛されるハムなのでしょう〜
d0152269_14142953.jpg

Suicaを入れてパスケースがない事に気がついたのは、多治見から名古屋、大垣で乗り換え彦根に行く途中の車内で電話があったから。あわてて「近江長岡」駅で降り、駅員さんに相談したところ、結局大垣駅に取りに戻ることに。
連絡をとってくれた「近江長岡駅」の駅員さん、そして電話をくれた「大垣駅」の駅員さんの親切な対応に感激した私、予定にない途中下車をすることにしました。これがなかったらあの名店を見つけることなかったでしょう、縁というのは不思議なものです。


PS.帰って「明宝ハム」を調べてみると面白い記事が、面白い歴史があるのですね〜

静岡で行った『多可能』、大垣の『盛升』とてもいいお店だったのですが気になる事ひとつだけありました。それは、吉田○のポスターが貼ってあった事!
大衆酒場の伝導師のように雑誌テレビの出ていますが、某「なぎら○壱」が、「あいつ、あんな番組に出てるけど、本当は下戸だからなぁ〜」って言っていたことを、私は決して忘れません。
[PR]
by touboukazin | 2014-10-19 09:30 | 酒場探訪
石巻で復興支援のお仕事と富士市で打ち合せを終えて静岡駅へ。多治見に行くには名古屋の方が近いのですが、名古屋はホテルが高いし、どうせ泊まるなら、お魚と美味しいお酒が期待できる静岡に決定。
最初のお店は、静岡市葵区紺屋町 創業大正12年の名店 大衆酒場「多可能(たかの)」。金曜日の夜なので席は、ほぼいっぱいでしたが、相席で入れてもらうことに。
d0152269_17225520.jpg

まずは、「かつお刺し」と「萩錦純米吟醸」を注文、つきだしは、なんと「ゆで落花生」。地元の千葉では普通に食べますが、まさか静岡の居酒屋で出るとは。最近は冷凍が出回っていますが、本来、生の落花生は新豆が採れる、この時期しか楽しめない貴重な一品。
d0152269_17233868.jpg

そしておやじの定番、「ポテサラ」も注文。昼食を食べ損ねた私、お腹がペコペコです。

静岡と言えば「静岡おでん」そして「桜えび」!

メニューにも「静岡おでん」「桜えび天」とあります、どっちも旨そうだな

でも、これを食べちゃうと次に響くなぁ〜

うーん…ここではやめて次にしよう〜

d0152269_17235621.jpg

日本酒は、4種類ありましたがすべて「萩錦」。萩錦酒造株式会社 静岡市駿河区西脇 とあります。次のお酒は「特別純米 登呂の里」、酒場のおばちゃんによると「酒蔵が遺跡のそばにあるのよぉ〜」だそうです。散々迷ったあげくつまみは、「カレイの煮付け」をお願いすることに。
d0152269_17242071.jpg

一巡目のお客さんが引けて、カウンターが空いたので移らせてもらいました。これも千葉では夏の常食「ながらみ」と「冷奴」でさっぱりと。お酒は常温の「萩錦」、最近キンキンに冷えた冷酒より、冷や(常温)の方がおいしく感じます。ただこの「常温」って言葉が美しくないですね、なんかいい言い方ないのかな?
d0152269_17243799.jpg

このお店は、これくらいにして次の酒場を探すことにします。ここは静岡市中心街ですが、こんなキレイな通りに、目指す店はあるはずもありません。いいお店は目抜き通りなんかではなく、路地をちょっと入った所にあります、ディープな横丁を探して行きます。
d0152269_17245559.jpg

途中に見えた「静岡県庁舎」、そうでなくてもいろいろ言われるのに、なにも、こんな見下ろす様なビルを建てなくていいのに。中学か高校生の頃、地元の町役場が鉄筋3階建てのりっぱな庁舎に建て替わり、木造2階建てしかない町民の反感をかったことを思い出します。
d0152269_1725645.jpg

目指すは、ここ「青葉横丁」 。観光ガイドによると、戦後、静岡市の中心部に約200台ものおでんの屋台があり、都市開発の際に、一部のおでん屋台が青葉おでん街などに移転し、現在に至っているそうです。緑の看板と赤提灯がいい感じです。
d0152269_17252124.jpg

それにしても不思議な名前が多いですね、「ようこ」「かずこ」「和」これはママの名前ですかね〜、「おふみ」「いすず」昔のおねえさんがやってるお店かな?、でもこの「どみんご」ってなに?メキシコ人?「よしく」「かなり」にいたっては意味不明です。第一候補が、いっぱいだったので、常連さんらしき人が楽しいそうに飲んでるお店へ入ってみると…。

「あら、いらっしゃい〜」「お飲物は」とお店のおねえさん

「なにがありますか?」と私

「なにが飲みたいの!」

「えっ、じゃじゃあウィスキーの水割りを…」

次のお店は静岡の銘酒「磯自慢」か「開運」をやりながら「静岡おでん」と決めていたんだけなぁ

まあ、喉も乾いていたので、これはこれでいいかな?さて、おでんを…

「お兄さん、もしかしておでん?」

もしかしてって、どういうこと?

「温めればあるけど」「はんぺんはないよ!」

そんなきっぱり言われても、あたしは「黒はんぺん」が食べたかったの!

こんなやりとりもしながらも、常連のお客とおねえさん、そしてママらしき(カウンターに座ってる)女性と、「千葉と静岡は似てるわねー」なんて楽しく飲んでいたのですが

「ラーメンでも食べに行こうか?」と常連さんに向かっておねえさん

「〆のラーメン行こう行こう〜」と常連さん

「ってことで早じまいするから、お客さん会計していいかな」

そんな…いま放り出されても…まだ10時だよ、どうすりゃいいのあたし!

d0152269_17253142.jpg

中途半端な気分のまま、ホテルへ向かいます。これはホテルの側の「静岡鉄道静岡清水線」の「新静岡駅」、カラフルな車両が市電みたいでかわいい。これに乗って清水まで行ってみればよかったかな〜
d0152269_1725472.jpg

お腹も中途半端だったので、コンビニ寄ってみました。なぜかカレー味が多い、カレー好きなのか静岡県民?カレーコロッケロール、結構おいしゅうございました。
d0152269_17255714.jpg

夜パンを食べる文化は私の中に、ないのですが…。明日も早いから、もう寝よっと、明日は多治見へ向かいます。
[PR]
by touboukazin | 2014-10-16 12:33 | 酒場探訪
←menuへ