人気ブログランキング |

カテゴリ:ひとり言( 25 )

d0152269_13323353.jpg


人生で2度目の「大吉」です。初めて引いたのが5年前の正月、「こりゃあ今年は、いい事があるな!」と喜んでいた2ヶ月後の3月11日あの災難がやって来てしまいました。その後は一度も「おみくじ」を引かなかったのですが・・・。つい・・・。

以下は、小説家・戌井昭人氏のエピソードです。(週刊朝日  2015年2月6日号 より)
こんな記事を読んでますます怖くなっていたのですが・・・つい・・・。


--------------------------------------------------------------------------------------------

 十年くらい前の正月、浅草で友達と酒を飲み、帰りにおみくじを引きました。わたしは「吉」だったのですが、友達は「凶」でした。この友達、「凶なんてイヤだ。もう一回やる」と、ふたたびおみくじを引きました。また「凶」でした。「どうなってんだよ」と、もう一度引きます。「凶」、もう一回、「凶」。

 四回続けて「凶」でした。しまいには、「ふざけんなよ」と、浅草寺の柱を蹴ったのです。

 わたしは「ダメだよそんなことしちゃ。馬鹿野郎、罰当たるぞ」と言いました。「罰なんて関係ねえよ。四回も凶を出しやがって」と言う友達は、お寺の階段を下りようとしたとき、段を踏み外し、そのまま真下に落下していきました。そして石畳に頭を打つ鈍い音が響きました。

 境内で仰向けに倒れた彼の頭からは、大量の血が流れていました。これはまずいと思い、すぐに救急車を呼びました。

 救急車がやってきて、わたしはタクシーで追いかけました。

 一時間後、頭に包帯ぐるぐる巻きの友達が出てきました。十何針縫ったそうです。

 お医者さんに、「どうして、こんなことになったのですか?」と訊かれたので「浅草寺の階段から落ちたのです」と答えたそうです。「酔っ払ってたんですね」「酔っ払っていたというか、おみくじで立て続けに凶が四回出たんです」「ああ、そうですか」、お医者さんは、カルテに「凶、四回」と書いていたそうです。

 もう一度、浅草寺に戻り、友達に柱を蹴ったお詫びをさせました。そして「もう一度、おみくじ引いてみたら」と言うと、「ああ、やってみよう」とおみくじを引いた友達でしたが「凶」でした。

 翌朝、友達の頭は、火星人みたいに膨れ上がっていました。

 それ以来、わたしは、「凶」が出るとイヤなので、神社やお寺で、おみくじを引かないようにしています。

--------------------------------------------------------------------------------------------




PS.FB友達のMさんは7年連続「凶」引いたそうです、ある意味「大吉」引くより難しいじゃないかな?
また地震が起きたりしなけばいいのですが・・・。
by touboukazin | 2016-01-15 13:57 | ひとり言
の大雪だそうです。13年前だと2001年ですね、21世紀がはじまったこの年、日展に初めて出品して初めて入選した年でした。工房を作って2年目、それまでの作風を思い切って変えて、挑戦した初めての公募展が日展でした。
d0152269_1334383.jpg

d0152269_13345758.jpg

d0152269_13352182.jpg


夜まで降り続くらしいので、どれだけ積もるのか楽しみです。「かまくら」で一杯なんてあこがれですね〜
d0152269_15161760.jpg

by touboukazin | 2014-02-08 15:21 | ひとり言
ザクロが実をたくさんつけています、そしてとても大きい。実は昨年の冬に初めて枝を切ってみました。最初は恐る恐る切っていたのですが、どんどん、もっともっと切りたくなってしまって…「○○とハサミは、…」なのでしょうか?なんとか欲望を抑えて、肥料の事を調べようと園芸書を読んでいたら

「ザクロは、枝を切ってはいけません」と…

えっ!もう切っちゃった!どうしよう〜これは当分花も咲かないな。とがっかりしていたら6月には花もいっぱいつけ、実もたくさんなっています。枝自体も元気なようす、無駄な枝を切ったことで全体に栄養が行き届いたのでしょうか?
d0152269_12385015.jpg

植物も人間も次の成長ためには、思い切って枝を落とす事も必要なのかもしれません。そしてわが日本国も…今までのあたりまえのこととして続けている事もいったん白紙にして「日本を今一度せんていいたし申し候」なのでしょう。

d0152269_123961.jpg

こちらは、苺がとても元気、実もいっぱいつけています。以前だとすぐ誰かに取られて(食べられて?)なくなってしまいましたが、なぜか誰も食べません、まずいのかな?お散歩コースらしく夕方涼しくなるといろんな種類の犬たちが通ります、だから栄養満点なのにねぇ〜

d0152269_12391771.jpg

こちらは、なぜか山吹が咲いてしまいました。花の少ない夏のこの時期、とても貴重でとてもキレイです。



PS.ここ数日、日中はとても暑い日が続いていますが、空には赤とんぼもいっぱい飛んでいるし、夕方の林にはヒグラシが鳴いています、そして夜には虫の音でいっぱいです。例年に比べてとても早い気がします、秋ももうすぐそこまで来ているようです。
テレビでは「千年猛暑」「非常に厳しい暑さ」「今世紀最多(まだ10年ちょっとなんだけど」など連日のように報道されていますが、ちょっとあまりにオーバー過ぎる気がします。その裏にある意図を感じてしまうのは考え過ぎなのでしょうか?
by touboukazin | 2013-08-10 13:31 | ひとり言
d0152269_21363785.jpg

d0152269_21365185.jpg

表彰式&懇親会のある本日と会場当番の19日(金)そして20日(土)、会期最終日の22日(月)は撤収作業のため会場におります。ぜひ会場でお声掛けください、また陶芸以外も見所満載です。
そして匠の技 満載の作品が購入もできます!見るだけでなくお手元へいかがでしょうか?





by touboukazin | 2013-04-17 21:16 | ひとり言
d0152269_15542182.jpg

いただきものの舘山寺桜(?図鑑で調べてみましたが…)です。お正月に出回る啓翁桜の淡いピンクと違って、まるで桃の花のようなキレイなピンク。
東京から西へ50km離れたここ八王子は、東京都でありながらかなり寒く(夏は反対に暑い)先日も最低気温が−7℃を記録しました。都心より5℃低いといわれ過去−12℃まで下がったことがあるそうです、ちなみに最高気温の記録は39.9℃。山に囲まれているからなのでしょうか?冬寒く夏暑いといった盆地のような気候です。
立春はとっくにすぎましたが、特に例年に比べて今年は寒い日が多く、これから雪の日が何日かあるかもしれませんね。もっとも多く積もったのは、44cmだそうです。


PS.せっかくスノーシューズを買ったので早く積もらないかなあとも思ってます。
by touboukazin | 2013-02-14 15:54 | ひとり言
水が止まってしまいました。道路の水道管取り替え工事のための断水です、電気がなくても仕事はできますが、水がなくてはなにもできません。それにトイレも使えない。

断水時間は、午後1時〜5時のあいだの4時間あまり。そこで考えたのがウォーキングでちょっと遠くの喫茶店に言って手帳を書いたり作品の構想を考えようかと。


d0152269_16303785.jpg

お城のような建物が目当ての喫茶店。

d0152269_16305657.jpg

こちらは入り口、3階?ぐらいまで階段を上がります。

d0152269_16312226.jpg

ドアを開けると、喫茶店があります。






d0152269_16314193.jpg

小さな丘の頂上で見晴らしは抜群、電線がじゃまですが、夜は夜景がキレイでしょうね。

平日の昼間ですが、オ○チャンの集団もいなくてクラッシックが流れる落ち着いた、いい雰囲気の喫茶店でした。コーヒーもテイクアウトしたザッハトルテもおいしくいただきました。


PS.ほんとは陶芸教室のチラシを置いてもらおうかと思っていたのですが、初めて行ってじゃあ、あまりにもずうずうしかと思って言い出せず帰って来てしまいました。また今度行ってみようかと思いますのでその時は、よろしくお願いします。
あっ、お店の名前は「ドイツのコーヒー屋さん」です。リンク貼っておきますね。

by touboukazin | 2013-02-12 22:30 | ひとり言
あの震災から5ヶ月がたちました。お盆休みを利用して田舎に帰ってきました。軒並み落ちていた屋根瓦もほぼ修復が終わり、液状化した道路も凸凹のままですが補修はすんでいるようです。
実家のまわりは一面の田んぼ。例年だと黄金色になっているはずの水田もまだ青々しています、地震で農業用水が壊れ田植えができなったとのこと。
d0152269_18544859.jpg

実るほどコウベを垂れるはずの稲穂もそれほどではありません。
d0152269_18563387.jpg

お百姓さんが、一年かけて一生懸命育てたお米です。無事に実る事を祈ってます。


PS.13日は、6時に起きてお墓の掃除お寺に行きましが、すでに多くの人が・・・田舎の人は働き者ですね。
by touboukazin | 2011-08-13 18:51 | ひとり言
新年あけましておめでとうございます

d0152269_14454770.jpg

旧年中は多くの方々に大変お世話になりました。本当にありがとうございます。


今年も日々の研鑽を続け、新しいなにかを表現できるように努力していきますので


皆様の変わらぬご指導、ご支援を宜しくお願いいたします。


d0152269_1446560.jpg


2011年1月1日 保立 剛

by touboukazin | 2011-01-01 11:11 | ひとり言
県展の会場となっている千葉県立美術館の最寄り駅は「千葉みなと」。千葉港に突き出した埠頭にあります、ということでまわりには働くお船がいっぱい。帰りにちょっとのぞいてみました。

d0152269_17132252.jpg
ちょっとカワイイこのお船、船名は『はやぶさ』。日本中が感動したあの名前と一緒です。「麻薬の密輸阻止横浜税関」と書いてありますね、そのわりにあまり早そうじゃないけど・・・マフィアの船に追いつけるのかな?でよく見ると「横浜税関千葉税関支署」の文字、千葉は横浜の管轄なのだろうか?ちょっとくやしい感じです。

d0152269_17135452.jpg
こちらもいま注目、YouTubeでおなじみの戦う「海上保安庁」であります。がんばれ「海猿」!!『ふさひかり』お米の名前みたいなのんびりした船名ですが、海上保安庁第3管区千葉保安部所属はつひかり型燈台見廻り船。それにしても燈台を見廻る専用の船があるとはしりませんでした。

d0152269_17145675.jpg
すっきりしたデザインのお船は千葉県警水上警察隊所属の警備艇『ぼうそう』。HPによると巡航速力36ノット(67km)とかなり早い、水上警察隊で一番の大きい警備艇らしい。これなら安心してまかせられそうですね。

d0152269_171425100.jpg
赤と白のコントラストがとてもキレイ、そしてチョーかっこいいです。貨物取扱量日本一の千葉港を災害から守る千葉市消防局の消防艇、『まつかぜ』、高度救急救命設備もそなえた高速多機能消防艇だそうです。とても早そうなお船ですが、速力は18.7ノットあんまり早くないです。

d0152269_17152343.jpg
そして帰りに気づいたのですが、『関係者以外立ち入り禁止』の看板が・・・どうみても関係者であるはずもない(納税者ではありますが)カメラを持った不審者、北のスパイにもアラブのテロリストにもマフィアの親分にも見えなかったのでしょう。訓練中の消防士さんも無関心でした、そんなことで大丈夫かな?

d0152269_17154266.jpg
最後にこの絵、私の伯父さんの作品です。日本画のように見えますが出品部門は洋画、私よりずっと前から出品し続けています。モチーフは利根川を佐原側見た風景、ゆったりと流れる坂東太郎と秋の空がよく現されています。


PS.ブログを書いていていま気づいたのは、船名のつづり方。船首から順に書くいていくのだと思ってました。左舷は問題ないのですが、疑問なのは右舷。昔は『ぜかつま』って逆さまに書いてあったような気がします。町を走っている車も『店装塗村志(合)』だっと思います、いつから変ったのでしょうか?
もっとも虎屋は、いつも『やらと』ですが。
by touboukazin | 2010-10-25 17:12 | ひとり言
すでに営業運転を終えている201系ですが、今日がラストラン。豊田車庫を10時15分発とのことでしたので10時23分ごろ工房近くの線路に行ってみました。

なんでこんなところまで、というぐらい人でいっぱいです。「あんたも見に来たのかね?」とは近所のおじさん、あれっ鉄ちゃんだったけ?このおっちゃん?

涙ぐんでいる女子までいて線路際から踏切まで多くの人が来ています、もちろん駅のホームには入れそうにありません。ヘリまで並走していますが、富豪鉄なんているのでしょうか?

d0152269_1592257.jpg
d0152269_1593761.jpg
d0152269_1595386.jpg

豊田を出ると次の停車駅は甲府、ノンストップで走ります。写真を撮ったのは駅のすぐそばですが、「あんたそんなに早く走れたんかい?」っていうぐらいのスピード。あっというまに走り去って行きました。

甲府の次は松本、そして松本の車両基地で解体処分になってしまうそうです。毎日毎日、東京のゴミゴミした中を走り続けて頑張ってきて、そして初めてあんなに遠くまでお出掛けできたのに、それが最後のお出掛けなんて悲しすぎます。どっかの国で第二の人生を向えることはできないのかな?長いあいだお疲れさまでした。


PS.えっ?この写真、線路中に入って撮ってるんじゃないかって?
う〜ん、確かに写真のアングルによっては、そう見えないこともないですねぇ〜。でもそんなことしたら「鉄道ファン(陶芸家)線路内に侵入!」って新聞に載っちゃいますからねぇ〜。鍵がね、偶然開いていたんですよ、ほんと偶然にね!
by touboukazin | 2010-10-17 15:08 | ひとり言
←menuへ