<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0152269_16275922.jpg

「NHKが取材にくるから来ませんか?」
いつもお世話になっているバーのマスターのお誘いに二つ返事で行ってきました。4月25日放送の「ゆうどきネットワーク・わが心の東京画・西八王子の小さなバー」とい番組の取材です。

とはいっても主役は岡本真由蘭さん。6月で閉店するこのバーを描いた絵が、NHKスタッフの目にとまり、真由蘭さんの人となりを取材することになったそうです。

私はといえば、いつもの様にただ飲んでいただけ、取材協力という事でNHKのロゴ入ったボールペンもいただきました。それにしてもプライベートで7時から飲み始めたのは何年ぶりだろう?いつものお客さんや初めてのお客さんとも知り合えて楽しく、そしておいしいお酒でした。

まだまだ新人の私、常連の方々に申し訳ないので一番隅に座っていたのですが、かなり映ってしまいました。すいません。

閉店といっても近くに移転するのですが、開店して今年30年のバーは雰囲気も建物も素晴らしく無くしてしまうには、あまりにも惜しい気がします。
[PR]
d0152269_19413549.jpg3月の入選通知から一ヶ月あまり、東日本伝統工芸展が始まりました。
初日は12:30から今回の審査委員寺本さんのギャラリートーク「そこまではしゃべっちゃていいの?」というぐらい参考になる話でありました。
18:00からは、あこがれの三越特別食堂にて出品者懇親会です。受付のお手伝いをしたあと会場へ、東日本エリアと遠方からにかかわらず陶芸部会は6割もの出席者、飛行機、新幹線で来る方も多く頭が下がります。でも東京都いえども八王子は西へ50KM、あまり着く時間がかわらないようです。


d0152269_19422173.jpgその後、陶芸部会での二次会そして三次会はカラオケまでと盛り沢山。
本来ならば公募展という激戦を戦っての入選で、我々作家同士はいわばライバル関係?とも言えるのですがすが、そんな雰囲気もまったくなく技術的な事までオープンにしてしまいます。他人の作品との比較ではなく自分との戦いだからでしょうか?フレンドリーな方々ばかりです。
東京という陶芸産地でない地域で活動している私にとっては同業者と触れ合える貴重で新鮮で楽しい時間でした。お開きになり「また来年!」と言った時、みんなの顔が引き締まった顔になったのを見逃しませんでした。がんばろ!

PS.巡回展決まりました。札幌〜新潟〜仙台〜盛岡です。詳細は後ほど!

[PR]
by touboukazin | 2008-04-16 19:39 | 陶芸家
d0152269_22443859.jpg
日本工芸会の正会員になって初めてのお仕事、陶芸部会正会員展のお手伝いにいってきました。
せっかくお呼びがかかった初仕事、「遅れちゃあ親方に申し訳がたたねえ」、10時集合のところ余裕をみて7時の電車に乗って搬入会場である三越通販センターへ。午前中は全国の正会員から送られてきた作品を箱から出して審査会場へ運ぶ作業です。最初は「なにか粗相があっちゃあいかん」とビクビクしながら作業。有名な先生の作品は避け、なるべく小さな箱を見つけて作業していましたが、直接作品に触れるいい機会、一旦スイッチが入ってしまえば触ってみたい作品探して・・・、勉強させていただきました。
昼食のあと、審査が始まると会場にいてはならんとのことで2時間あまり休憩タイム。おかげでいろいろ話が聞けました、でも審査風景見たかったんだけどなあ・・・
審査終了後、今度は写真撮りが終った作品を箱詰め。環境に配慮して空き箱を有効に使用せよとのことなので、私の作品はゲンを担いで伊○崎先生の箱に入れさせていただきました。御利益がありますように!
それにしても高名な先生方ばかりですが、もくもくとほんとによく働きます。関心しました。初仕事、楽しく刺激のある思い出深い、いい一日でありました。
帰りの東京駅では、来週始まる東日本伝統工芸展の二次会会場の下見という名目で打上げ。6人で焼酎5本!ほんとによく飲みます。作品と酒量が比例してように思えるのは私だけでしょうか?
・・・じゃあ、それだけは僕も資格あるなあ・・・
[PR]
by touboukazin | 2008-04-13 21:18 | 陶芸家
d0152269_10342646.jpg銀座での知人の個展ついでに寄ったのがここです。
新橋駅前の落花生専門店「さがみや多田煎り豆店」
千葉県出身の私、かなり豆好きです。落花生はもちろん、そら豆、枝豆の塩ゆでから甘く煮た小豆、お赤飯、とうもろこしまで。


d0152269_10404238.jpg購入したのはピーナッツ、グリンピース、塩豆です。絶品なのは、このピーナッツで国産千葉県産のピーナッツを煎ったもの。値段もかなりなもので400gで2200円と中国産の5〜6倍!でも味の差は、それ以上!ちなみにグリンピースは400円、塩豆は300円でこのボリュームです。


d0152269_1046858.jpg新橋と言えば、これ。
テレビカメラも来ていて、私もりっぱなおじさんですが、めったにスーツを着ない私、インタビューはされませんでした。

[PR]
d0152269_1833240.jpgヨーグルトをいただきました。
このお店、地元の酪農家がやっているジェラートと低温殺菌の牛乳がおいしいお店です。
東京の西の果て八王子のさらに西の果て西八王子には、コンセプトのしっかりしたユニークなお店がたくさんあります。繁華街でない分、固定客をつかまないとやっていけないからでしょうか?



d0152269_1841655.jpgパッケージのデザインもかわいい!
おいしかったです、ごちそうさまでした。
[PR]
d0152269_1773134.jpg

林寧彦さんの本が文庫になりました。左側の茶色の表紙が新書判、さし絵がはいっているのが文庫版です。私が陶芸家になるきっかけとなった本です、何度も読み返しているのでカバーもボロボロです。
これから陶芸家を目指す人、さらに一歩すすんで陶芸を楽しみたい人、自分好みの趣味を探している人、必読です。私の教室の公募展挑戦クラスのテキストにもなっています。

文言春秋文庫+プラスから4月10日発売 580円 です。

著者と読者だった林さんとの関係も同じ工芸会の会員としておつきあいさせてもらってます。新書判3刊目「陶芸界Hのできるまで」では、私の初登場!
[PR]
by touboukazin | 2008-04-11 17:35 | 陶芸家
d0152269_1305386.jpg980hPaと台風並みに発達した低気圧が、関東の南海上を通過した影響で、昨夜から強い風と激しい雨、時々カミナリと大荒れの東京地方。交通機関は大幅に乱れています。


d0152269_12582647.jpgそんな朝ですが、窯を炊いています。
電気窯での還元焼成、1100℃を越えて色見穴から炎が出て来ました。
残りあと5時間無事に焼けるかなあ、心配です。


d0152269_13115527.jpg
窯は工房の外に置いてあるため昨夜風避けのシートを貼りました。
窯焚きに風とカミナリは大敵です、還元用のバーナーが消えてしまうし、停電になったら電気も消えてしまいます。
「なにもそんな日に窯を炊かなくても・・・」と言われそうですが、締切が今週末に迫っています。
窯焚きがうまくいけば木曜日にまた窯を炊きます。
今回の様な低気圧は、発生してから到達まで一週間ほどかかる台風と違ってなかなか予測ができません。
もちろん気象庁のHPは、ブックマークしています。今はピンポイントの天気予報もあってかなり正確、東京電力のHPには雷観測情報ページもあります。

中学の理科で「気象情報を聞いて天気図を書きなさい」という宿題がありました。NHKラジオから流れる「石垣島では、雨、南南西の風、風力3、998ミリバール・・・」を聞き逃さないように必死に書き留めた事を思い出します。懐かしい思い出です、またやって見ようかなあ・・・
理科の先生怖かったです。

[PR]
by touboukazin | 2008-04-08 13:43 | 陶芸家
d0152269_1464135.jpg都心に出かけた帰りに千鳥ヶ淵に行ってみました。ライトアップされとてもきれいです、遠くには東京タワーも!大都会の張りつめた空気と桜、とても合います、桜の花に張りつめた緊張感を感じるのは私だけでしょうか?
前に行った上野公園とかなり雰囲気が違います、裸で騒いでいる人もカラオケを歌っている人もいません。どちらも好きですが、バカバカしい大騒ぎなんてしてみたいような気もします。


d0152269_14154096.jpg皇居のお堀に枝垂れる桜の枝です、この桜、いくつもの事件を見てきたのでしょうね。
夜の9時近くですが、ボートハウスがまだやっていてボートからお花見をしている人もいるようです。きれいに見えるんだろうなあ、でも怖くないのかな?カッパに襲われたりして!まあ生きている人間の方が怖い時代ではありますが・・・





d0152269_14204945.jpg東京国立近代美術館の前の枝垂れ桜です、ソメイヨシノにくらべるとかなりピンクが強いようです。車のテールランプの赤と信号の青、そして桜のピンクとてもいいコントラストですね。

ところで知っていましたか?カッパの右手と左手は中でつながっていて引っ張ると抜けてしまうそうです。今度カッパに会う機会があったら試してみてください。
[PR]
by touboukazin | 2008-04-02 23:05 | 自然
←menuへ