人気ブログランキング |

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0152269_11562.jpgの今日11月24日、酉の市にいってきました場所は入谷の鷲神社。八王子でも酉の市はおこなわれていますが、もう40年ぐらいこちらへお参りに行っています。夜には窯詰めをしなければならないので珍しく午後1時着。
昼間だからすいているかと思えばこの人出です。


d0152269_118560.jpg去年は、神社まで2時間、鳥居をくぐってお参りするまでに2時間、さらに出るのに1時間、その上お札は売り切れという今までにない人出だっただけに(なんでも40年ぶりだったそうです)まあこれくらいですめばたいした事はありません。


d0152269_11143316.jpgいつも迷うのが、どこでお札をいただくと一番ご利益があるかという事。
お札をいただける場所は3カ所ありますが、よーく見ると巫女さんのコスチュームも微妙に違う、神社がやっているようにみえて実は民間委託なんてことは・・・


d0152269_11213239.jpgおなじみ石原一家御用達の熊手屋さん、
熊手は商売繁盛のお守りなんだけどなあ、政治家って商売?金儲け?なのかなあ・・・
こんなに目立つ場所で熊手を買って自慢げに飾っているのもどうなのかな・・・


d0152269_11235851.jpgこちらは、私の実家ホタテ洋品店御用達の熊手屋さん、神社の出口近くにあります。
一年のうち元旦しか店を休まなかった実家ですが、毎年少しずつ熊手を大きくしていくのが働きがいだったようです。
あの頃の日本の大人は、休みがなくても貧しくても希望を持って必死に働いていました、だから今の日本があるのですね。
さあ今度は大人になった僕らの番です、頑張らなくっちゃ!!

by touboukazin | 2009-11-24 23:03 | ひとり言
d0152269_12393218.jpgこのお寺のイメージキャラ『とろ弁天』の描かれた萌え看板の前でテレビの取材を受ける住職。
今日は銀杏祭りの最終日、お寺主宰のメイドカフェの最終日でもあります。
様々なマスコミで取り上げられた関係で昨日は門の外までお客さんでいっぱいだったそうです。


d0152269_12403452.jpg境内の特設テントには何人ものメイドさんが・・・。
ミシュラン観光ガイドに載ったおかげで高尾山にはトイレが不足するほど観光客がいっぱい訪れていますが、市内にまで人は来ないようです。奇抜なアイディアではありますが、すこしでもこの東京の西のはて八王子に訪れる人が増えればいいなと思ってます。
この了法寺まだまだいろいろな企画を考えているようです。
乞うご期待!!


PS.えー、ちなみに取材に行っただけでメイドカフェには行っていませんので!!あしからず。結構かわいかったですけど・・・
by touboukazin | 2009-11-22 12:35 | ひとり言
d0152269_12315898.jpg1489年開山の歴史のあるお寺が工房からほど近い甲州街道と陣場街道の分かれ道、追分交差点のそばにあります。八王子千人同心の組屋敷があった千人町と隣接しており、千人同心の墓が残ります。そんな由緒正しきお寺『了法寺』ですが八王子では『萌え寺』として知られています。


d0152269_12385270.jpg中に入るとこんな看板が・・・
『もともとお寺は、近所の住民の寄り合いの場所であり、地域の中心でした。現代の皆さんが、アイドルや漫画のキャラクターを好きなように、テレビや雑誌が無かった時代は、お寺で祭られる神々を人々が敬愛していました。了法寺では、昔のように人々に愛されるお寺を、現代的な方法で再解釈し、怖くて近寄りがたいお寺ではなく、皆さんが楽しく利用できるお寺を目指し、がんばっています。 』だそうです


d0152269_12464345.jpgそんなお寺が、なんとメイドカフェ開店!冥土カフェじゃありませんよ『おかえりなさいませ了法寺へ♡』です。
明日から二日間のいちょう祭りに合わせたイベント、グッズの販売もあるそうでお寺のキャラクター「とろ弁天」のついた「お経マグ・カップ」予価1,500円その他多数との事。ちなみにメイドさんの募集は応募者多数にて終了。


d0152269_135627.jpg「第30回八王子いちょう祭り」は、追分交差点か多摩御陵まで甲州街道で開催され毎年30万人の人が訪れます。この銀杏並木は、大正天皇の御陵造営を記念して昭1927年に植樹されたもので高尾駅前にかけて768本の銀杏が植えてあり、紅葉も今週が見頃。

『ぜひおでかけくださいませ♡ご主人さま♡』
by touboukazin | 2009-11-20 12:31 | お知らせ
d0152269_214061.jpg「今年は、もう在庫がないんだよねー」とお医者さん。
肘の薬をもらいにいった整形外科でワクチンを打ってもらおうと聞いてみました。
新型は、もちろんですが季節性のインフルエンザワクチンもないらしい。他のお医者さんに行っても同じかな・・・と思っていると
「さっきキャンセルがあったので、ありますよ」
とうしろから看護婦さん。
本当は肘の薬だけもらって帰ろうと思っていました、でも診察しないとって言われてシブシブだったのに、ラッキーでした。

予防接種は副作用もあって受けない人もいるようですが、一人で仕事をしていると代わってくれる人もいないし、お休みにもできません。ましてやお客さんにうつす訳にもいきません。
以前に一度、個展の前に風邪をひいて大変な目にあったので、以来毎年受けるようにしています。新型の事があったので今年は、早めに行ったつもりだったのですが。


d0152269_21523891.jpg病院への途中で公園の前を通ると赤いモノが目に入ってきました。よーく見ると電車、それも丸ノ内線の旧型車両でした。
御茶ノ水駅ホームから見える風景は格別です。アーチのきれいな聖橋の下、神田川のむこうのトンネルから出てくる丸ノ内線の赤い車両が、きれいでした。電車を待つ間に見ることができると、とてもとても嬉しかった。東京で好きな風景の一つでした。

その丸ノ内線500系の車両も今は引退して、今はアルゼンチンのブエノスアイレスでまだまだ活躍中だそうです。


PS.『本剤は、インフルエンザウイルスのA型及びB型株をそれぞれ個別に発育鶏卵で培養し、増殖したウイルスを含む尿膜腔液をゾーナル遠心機による蔗糖密度勾配遠心法により濃縮精製後、ウイルス粒子をエーテル等により処理して分解・不活化したHA画分に、リン酸塩緩衝塩化ナトリウム液を用いて規定濃度に混合調製した液剤である。』

なんのこっちゃ???まったくわからん!

『有効成分(製造株) A型株 A/ブリスベン/59/2007(H1N1)Aソ連型 A/ウルグアイ/716/2007(H3N2)A香港型  B型株 B/ブリスベン/60/2008』

うーん・・・A型にもB型にも効くってこと???
by touboukazin | 2009-11-17 22:28 | ひとり言
d0152269_1273529.jpgかねてからテストを続けていた、新しい彩泥用の化粧土を量産中です。調合した原料をミル入れていきます。
重さ約20Kg、肘が痛いのでとにかく気合いだけでミルに載せて・・・


d0152269_1284587.jpg約2時間ほど摺って完成。使っているのはロクロに設置するタイプ、これがまたかなりの騒音でラジオが聞こえないほど。専用のミルラックが欲しいところですが、約10万円。陶芸用品は高いものが多いです。


d0152269_1291749.jpgテストは十分していますが、大物で使うのははじめて。大きい面積にすると雰囲気も違ってくるし、思わぬトラブルも結構あるものです。なんとか、うまく焼けるといいんだけど。


d0152269_12233292.jpgこれから本焼です。
電熱線との隙間約2mm!計算してもこういまくいきません、「ふぅーまたギリギリだ」。
炉内は、縦横60cmだったのですが、かなり酷使しているからか(年間本焼だけで50回)電熱線が伸びてきて、56cmあるかないかの状態でに。2年前にすべて張り替えたばかりなのですが。やっぱり窯が1台じゃ無理があるかなぁ〜、でも約100万円、うーん・・・

by touboukazin | 2009-11-10 00:06 | 陶芸家
d0152269_13163795.jpg

本日11月9日は、ベルリンの壁が崩壊して20周年の日だそうです。

20年前、1989年といえばバブルのまっただなかで、深夜の六本木で2時間並んでもタクシー

に乗れなかった時代ですね。

これは遠い国の出来事でしたが、

一見自分には関係のない出来事がインターネットの様に多面的に関連し影響を与えていって

まるで南の島のヤシの木が1本枯れたら日本のおとうさんの小遣いが1000円減るみたいな、

「風が吹けば桶屋がもうかる」をさらに複雑にしたような、

この事件がすべてが変わっていくはじまりだったのかもしれません。

先日、新聞社のweb版に「日本国民一人当たりGDPの世界順位」なる表をみつけました。

年     世界順位
1996  3
1997  4
1998  6
1999  4
2000  3
2001  5
2002  8
2003  9
2004  12
2005  15
2006  18
2007  19
2008  22

為替によって大きく変動があるそうですが、日本が元気でなくなっていることは事実なよう

です。

う〜ん・・・僕らになにができるかな・・・きのうよりいい作品を今日作る事ぐらいかな・・・

それと日経新聞とらなくちゃいけないかあ〜

PS.1989年ってなにがあったっけ?調べてみました。
1月 年号が平成へ昭和最後の年、2月  ソ連軍のアフガニスタン撤退が完了、4月 消費税施行 税率3%、 6月  竹下登内閣が総辞職 北京で天安門件、7月 宇野宗佑首相辞意表明、8月 第1次海部内閣発足、10月 日本シリーズ、 巨人、8年ぶり日本一、12月 東証の日経平均株価が大納会で史上最高値の38,915円87銭を記録

2009年と似ている様な・・・そうそう新宿駅・渋谷駅にJR初の発車メロディを導入もこの年だそうです。そんな前だっけ?
ヤンキースの松井が、1HR6打点の活躍でMVPを取る前、11月2日のNYポストの記事です。

ゴジラよ、良い旅路を
ヤンキースでは状況はしょっちゅう変わるから、これだって変わるかもしれない。
が、松井秀喜がヤンキースの一員である時間は終わりに近づいている。うれしい代打ホームランも出たことだし、ここで彼がヤンキースにとってどんな意味があったのか、思い出しておきたい。

知っておくべきことは、成功することが彼ほど求められたアスリートは他にいないかもしれないということ。自分のため、日本でスラッガーとして得た名声を証明するため、いつも世界の中で実力を証明したい日本のため、そして彼の市場価値も考慮して大金をつぎ込んで獲得したヤンキースのためだ。
日本の記者をひきつれた松井は7年間で140本塁打、597打点、打率2割9分2厘、OPS.852という数字を残した。

さらに、その成績と同じくらい素晴らしかったのは彼の人間性だ。彼は一度も、一度もだ、日本人記者に対して平静を失うということがなかった。それは、大勢に囲まれた時も、ひどいスランプに陥った時も、どんなに手痛い敗戦の時も変わることは無かった。

アメリカ人の選手が似たような状況で彼のように謙虚でいられるなんて想像もできない。

彼を観るのは喜びだった。次の街がそんな彼に出会えますように。』


日本語訳なのでどれだけ原文に近いかどうかわかりませんが、特に最後の一行は、なんともセンチメンタルな表現ですね。
godspeedは古い英語の表現で道中の幸運を祈るという意味だそうで、再契約が難しい事を伝える記事だと思いますが、きっと彼の人間性をよくあらわした記事なのでしょう。

どうしたら、どんな時でも平静でいられるのでしょうか?

どうしたら、どんな時でも謙虚でいられるのでしょうか?

だから彼は、最後の最後で最もプレッシャーのかかった場面で実力を出す事ができるのでしょうね。

そしてだから、彼が遠い異国の人々の思い出に残る選手なのでしょうね。


d0152269_19235767.jpg

by touboukazin | 2009-11-05 23:21 | ひとり言
d0152269_14434395.jpg

ジャポニスム再興プロジェクト『日本工芸の国際性』なるシンポジウムに行ってきました。定員600名のところほぼ満員、工芸会の人だけでなくアパレル関係、出版関係らしき人も多くみなさん真剣で緊張感のあるシンポジウムでした。

「日本の工芸を世界に向けて発信していこう」という趣旨かと思いますが、一番驚いたのが、漆の国内自給率が1%にしか満たないという事実。
漆のことを英語ではjapan。そんな歴史のある日本古来の伝統技法が輸入に頼っていたとは・・・まったく知りませんでした。ネズミの毛でつくる漆芸用の筆も作れるのは国内に2〜3人しかいないらしい。
よく後継者が問題になりますが、もっと大きな問題ですね。

アパレル業界からこの世界へ入って10年、もう関係ないと思っていたら今回のパネリストの一人は山本寛斎さん、百貨店の方々とは違う部署ですが今でもおつきあいがあって・・・「モノづくり」への姿勢は、どの世界でも同じなんだなと新ためて感じた一日でありました。

夕方5時に終了して、やっぱりその後、反省会!(なにを反省?)3軒目には音楽の時間となりました。

PS.サッカーの中田英寿さんも来ていて、世界の旅を終えてこれからは日本を世界に向けて発信していく手伝いをするとのことです。
by touboukazin | 2009-11-04 23:59 | 陶芸家
←menuへ