<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0152269_18115578.jpg6日間の会期を終えて本日東京会場が閉会となりました。
前日の搬入・陳列作業を加えて7日間会場に通いましたが、もちろん飲み会もきっちり7日間。すっかり「ウコンの力」のお世話になりました。

d0152269_18133485.jpg今年は50回記念展という事で記念図録ありワークショップありとイベントも盛りだくさん。
こちらは別会場で行なわれたシンポジウムのようす。
茶道の家元、能楽師、和菓子屋の社長と多彩なパネリストの話を司会の檀ふみさんの機転を利かせた司会で進めていきます。
誰とは言えませんが話術に長けたパネリストのおかげで『「伝統文化とは」日本工芸のこれから』という難しいテーマにもかかわらず、皆さん目を閉じる事なく終了したのでした。やっぱりこれからは、「一家に一台、関西人」の時代ですね。

d0152269_18151328.jpgその後、私の作品は
札幌会場(三越札幌店)
5月4日(火)〜5月9日(日)
仙台会場(三越仙台店)
5月18日(火)〜5月23日(日)
盛岡会場(川徳百貨店)
5月27日(火)〜6月 1日(火)
と巡回します。どうぞご高覧、ご講評ください。


PS.もう4月も終わりです、本展の締切まで3ヶ月、7月いっぱい窯焚きをするとして制作にかけられる時間は実質2ヶ月あまり、ほとんど時間がありません。明日からGW、長い人で7連休らしいですが、我々陶芸家には関係のない話のようで(>_<)
[PR]
by touboukazin | 2010-04-26 23:08 | 陶芸家
d0152269_15212688.jpg

今回の図録は写真撮影からレイアウトの校正と色校正までを、図録作成担当としてお手伝いさせていただいた関係で思い入れが強いものとなりました。

特に色は作家にとってこだわるところの一つだけに緊張しました。会場で作品と図録をチェックしてみましたが、茶系が赤味に振れている作品が数点と青磁などの透明感が出ていない事が反省点として上げられますが、撮影会場と展示会場の光源の違いを考慮すると、まあまあのできだったのではないでしょうかと思ってます。

それにしてもパントーンのカラーチップ久しぶりに使いました。前職のアパレル業界でも色の構成を考えたり、染色工場とのやりとりでは必需品ですが、また使うとは思っていませんでした。その当時は色彩検定なる資格までとったのですが、まさかまたこんな形で。なにが役に立つかわからないものです。

PS.ただ懇親会で「今回の図録の色はどうですか?」聞き回る訳にも行かず、不満に思っている方がいたらゴメンナサイ(^_^;)
[PR]
by touboukazin | 2010-04-25 15:15 | 陶芸家
昨年の秋に植えた山吹の花が咲きました。まだ樹高80cm程度、花もすこし咲いただけですが黄い色がとてもきれいです。
別名Japanese rose、日本の春にふさわしい植物の一つですね。

ずっと前から植えたいと思っていたのですが、一つ重大な問題が。
この句に読まれたように山吹の花は実をつけません。
実を結ばないことと、貧しくて貸すべき蓑がないことを掛けているのですが、ザクロの実が落ちたでだけで気になってしかたがない私、実が結ばないなんてとんでもありません。それじゃあなくても最近、作っては壊れ作っては壊れの連続なのですから・・・

調べているうちに気がつきました、八重の山吹は、実をつけないけれど一重の山吹は実をつけることに。
もともと一重の山吹が植えたくて探していましたので・・・これで安心して山吹の花を楽しめます。ヨカッタヨカッタ!
d0152269_9522991.jpg

PS.6月になるとザクロの花が咲きはじめますが、ほとんどの花は落ちてしまい実がなるのは例年1.2個。一つもならない年もあります。
成り物は一年おきとよくいいますが、ザクロの実が大きくなる時期は本展(伝統工芸展)の発表の時期でもありましてオー・ヘンリーの「最後の一葉」じゃないけどとても気になります。あの実が落ちたら私も落ちるんだと。

いっぱい秋に実がなる木を植えようかな〜
[PR]
by touboukazin | 2010-04-16 22:47 | 自然
←menuへ