<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0152269_20402641.jpg

「夏草や兵どもが夢の跡」

今年の夏と同じで、過去の記録を大きく上回る制作数になってしまいました。窯のまわりには割れてしまった作品がいっぱい、先日降った雨もまた物悲しさを増しています。



d0152269_20393121.jpg

「入選できました」

そんな日本伝統工芸展(本展)の入選発表が本日、8月25日(水)の朝日新聞紙上でありました。
今年は出すだけで精一杯の状態で、7月24日の搬入から約一ヶ月のあいだ、ほぼ期待せずに過ごしてきましたが、前日はやはり眠れない状態に。
いつものように5時に新聞を買いに行って工房で1時間かけて開いて・・・

自分の名前を見つけた時は、嬉しいというよりホッとした気持ちになりました。

反省の多い作品制作となりましたが、なんとか原因をつきとめて、さらに新しい方向へ向かって行けたらと思っています。ちょっと一息と行きたいところですが、来月以降にはグループ展、公募展が多数控えております。
がんばらなくっちゃ!!

追伸 第57回日本伝統工芸展の詳しい日程につきましては後日ご連絡いたします。まずは、御礼までに。
[PR]
by touboukazin | 2010-08-25 20:38 | 陶芸家
お努めも終わり、八王子へ戻ります。帰りの電車は旧国鉄型車両113系、最近の電車と違って重厚感があり曲線もきれい。色もステンレスだけの味気ない色とは違います。
d0152269_1541897.jpg


車窓からは色づき始めた田んぼが一面に広がっています。お盆が明けると稲刈りの季節がやってきます、このあたりは台風シーズンの前に刈り取る早場米の産地。
d0152269_1547620.jpg


車内は、お盆初日ということもあって人影もまばら、向かい合わせのシートも貸し切り状態。もっとも最近は高速バスの利用者が多く、いつもこんな感じですが・・・。
d0152269_1551684.jpg


隣町の駅に着くと沢山の人が乗ってきました、お盆休みで買い物にでも行くのでしょうか?

と、隣は空いているのに、なぜか男性2人連れが座りました。それも明らかに日本国の人ではない濃い顔をして鷹の目のようなするどい目つきをしています。中近東の方でしょうか、 ア○ブ系の顔立ちです。ちょうど読んでいた本が、北○鮮とイ○ンが手を組んで世界中でテロを起こすっていうミステリー。気まずい雰囲気が流れます。

この2人、駅に着く度にホームを見たり立ち上がった落ち着きがまったくありません。まさかテロの実行犯か?あの服の下には爆弾が・・・?それとも秘密機関の取り引き現場なのか?こっちは本どころじゃなくなってきました。(以下は英語で!たぶん?)

男子A「いまどこだ?」

男子B「otoって書いてあるぜ」

男子A「じゃあchibaじゃないな」

男子B「ああ違うな」



次の駅に着くと


男子A「いまどこだ?」

男子B「namegawaと読めるな」

男子A「じゃあchibaじゃないのか」

男子B「ああ違うな」



これを延々と駅に着く度に繰り返しています、それもどんどん落ち着きがなくなってきました。どうやら千葉に行きたいらしい、こっちは気が散って本も読めません。思いあまって(以下英語で!たぶん?)


私「あなたたちは、千葉へ行きたいのですか?」


と言うと、びっくりした顔をして


男子A「お前は英語が話せるのか!」

私「日本国では中学高校で6年間、英語教育を義務づけられています。さらに大学へ行けば4年間、のべ10年ものあいだ英語を勉強しています。だからほとんどの日本人は英会話に不自由していません。」

男子B「おいA、助かったな」

男子A「ああ、助かった」



さらに2人とも嬉しそうな顔になりました、これを「地獄で仏」というのでしょうか?ああ「地獄でアラー」とでもいうのでしょう。


男子B「じゃあ千葉まで、あとどれくらいかかるんだ?」

私「あと約10分程度で着きますよ」

男子B「わかった10分だな」



と言ってはみましたが、10分経っても千葉には着きません。この成田線、単線なので上下線すれ違いとため駅で長い時間停車します、交換の時間を計算に入れるのを忘れていました。


男子B「おまえはさっき10分って言った、もう10分経ったぞ」

男子A「ああ、おまえはそう言った」



いくら10年間のりっぱな英語教育を受けて私でも、鉄ちゃん用語を英語で説明するのは大変です。そこで携帯で時刻表を調べて


私「千葉駅に18:24分に着くので安心してください」

男子B「ほんとうなのか?」

私「ええ、ちゃんと時刻表で調べましたから」

男子B「そんなものがあてになるはずがない!」

私「心配しないでください、日本国の鉄道は世界一優秀なのです。たとえ脱線したとしても定刻には到着しますから」



そんな会話を繰り返していると、やっと目的地の千葉駅へと到着です。電車、遅れなくてよかった(^_^;)前の2人も一安心、満面の笑みを浮かべています。


私「お待たせしました千葉駅に到着しました」

男子B「ありがとう、おまえのおかげで助かったぞ」

男子A「そうだお礼にうちの油田を一つくれてやろう」

私「いえいえ当たり前のことをしただけですので結構です。ではよい旅を!!」



最後に熱く握手をして別れました、異文化交流いいもんですねぇ〜。疑ったりして申し訳ありませんでしたm(__)mそれにして油田もらっときゃよかったな!

おしまい

※一部文中に、フィクションと妄想が混じっておりますが、ほぼノンフィクションですのであしからず。
[PR]
by touboukazin | 2010-08-16 15:17 | ひとり言
今回の目的の一つ、うなぎ『うなせん』さんに着きました。利根川に近いため川魚店は多々ありますが、地元の我々が行くお店はここだけ。
d0152269_16232193.jpg


お店の脇には利根川の支流、小堀川が流れています。冬にはヘラ鮒釣りのメッカとしてにぎわうこの川も、夏の今は静かな田園風景だけが広がっています。
d0152269_1626425.jpg


まずは鰻のあたまの佃煮で一杯。猛暑だからといってもお酒は熱燗が一番、甘辛く煮付けた佃煮には日本酒がぴったり、決してビールなんて頼んではいけません。
d0152269_1629450.jpg


お次ぎは、やはり夏にはかかせない「どぜう」です。丸のまんまいただくお店もありますが、こちらでは開いたどじょうと牛蒡を煮込んで卵でとじてあります。
d0152269_16335782.jpg


杯を傾けること1時間あまり、いよいよ本日のメイン、鰻重の登場となりました。「うなせん」さんでは、注文を受けてから捌き、そして蒸しに入るため多少時間がかかります。これもおいしい鰻重をいただくための大切な儀式の一つ、だからといって飲み過ぎてはいけません今日の主役はあくまで鰻重!!
d0152269_1637565.jpg


東京にも鰻の名店は数々ありますが、私のいただいた限りでは、こちらの『うなせん』さんが一番!鰻の味はもちろんですが、もう一つの主役、ご飯がとてもおいしい。せっかくいい鰻を使ってもご飯がベチャッとしていてはいけません。その点、鰻とご飯のバランスが絶妙です、米どころ千葉ならではですね。

源内さんが広めたおかげで鰻を夏に食べる機会が多いと思いますが、鰻が本当においしいのは秋から冬にかけて、ゴンきつねが漁師さんから鰻を盗んだのも確かそのころ。
秋には今年の新米も採れます、新米と鰻、今から楽しみです。


はちの旅日記もいよいよ最終章、乞うご期待!!


つづく

[PR]
by touboukazin | 2010-08-15 16:21 | ひとり言
八王子を出ること4時間半、やっと到着しました。距離にしても150km程度しかないのにこの時間、千葉県は川と海に囲まれ半島になっているので交通の便があまりよくありません。

記憶にある範囲では何も変わっていない(色だけは変りました(^_^;))駅舎。いつもは誰もいない駅ですが、さすがにお盆休み珍しく混みあっています、それに普段はあまり見ない若い女子まで・・・(@_@)
d0152269_12143928.jpg


実家までは歩いて15分程度、これが6年間通っていた小学校です。その当時は確か一学年6クラスあったと思いますが、今はどうなでしょうか?誰も遊んでいませんねぇ〜。
d0152269_12201238.jpg


毎日遊んでいた神社のそばを通っていきます。よく缶蹴りをしていました、一人で隠れているととても怖かった思い出がありますが、以外に明るかったんですね。
d0152269_12234318.jpg


町の中心を流れる川を渡ります、利根川の支流で名前はなぜか黒部川(^_^;)8月1日の花火大会のぼんぼりが残っていて夜はとてもキレイになります。
d0152269_1229938.jpg


かつては人でにぎわった商店街も今はこの状態。いわゆるシャッター通りです、郊外に大型店舗ができると中心市街地に人がいないゴーストタウンに。地方社会の厳しい現実です。
d0152269_1451308.jpg


帰省の目的の1つは、ご先祖さまのお墓参り。こちらもこの時期だけはにぎわいます。このお寺だんだん狭くなってしまいました、町の人口が減ってお墓が増えてゆく皮肉なことですね。
d0152269_1510963.jpg


帰省には、さらにもう一つの大きな目的があったのでした、それは次号へと


つづく

[PR]
by touboukazin | 2010-08-14 22:13
今日はお盆、工房のミルを回しっぱなしにして、実家へ帰省です。

西八王子を朝7時に出て約1時間、御茶ノ水へ着きました。ここで黄色い電車の総武線に乗り換えます、毎朝とてつもなく混んでいる中央線も休みの会社が多いのでしょうか?電車はガラガラ、余裕で座れました。
d0152269_19145715.jpg


錦糸町を過ぎたあたりでビルの向こうになにかが?「あれって?スカイツリーかな?」もっと上野とか浅草のあたりにできるのかと思ってました。でもビルがじゃましてなかなか撮れないなあ〜(^_^;)
d0152269_19152610.jpg


やっと撮れました、それにしてもでかい!いったい今どこまでできているんでしょう?(調べてみたら418mだそうです、もうHPもあるんですね)
あと200mちょっと、いつ完成するのかな?あっ、2012年だって。
d0152269_19154946.jpg


江戸川を渡るとそこは千葉県。ひたすら各駅停車の旅が続きます、それにしても通勤型電車での旅ほど味気ないものはありません。進行方向むいてないと景色も見えないし、人の顔見ながらビール飲むってわけにいかないしねぇ(>_<)
d0152269_19161432.jpg


総武線の終点、千葉駅に着きました。ここまで2時間半かかっています、さらに30分の待ち合わせの後に成田線に乗り換えます。ここ千葉駅は発車ベルがないことで有名、ベルがメロディーになる前からありません。
d0152269_1917512.jpg


ここらからは単線区間のため、たびたび交換(上りと下りが駅ですれ違うこと)で駅に停車します、約1時間半の各駅停車の旅もそろそろおしまいです。線路のまわりは一面の田んぼ、今年のお米は順調に実っているようですね。
d0152269_19181292.jpg


つづく

[PR]
by touboukazin | 2010-08-13 23:11 | ひとり言
このお盆の時期どうしても、帰省や旅行などでお休みの生徒さんが多くなるので、工房で開催している陶芸教室はお休みの週にしています。その間を利用して、新しい釉薬の制作中。
d0152269_1815413.jpg

調合した釉薬をミルで摺るのですが、この釉薬105時間摺らなければなりません。通常の釉薬は2時間程度。
1日10時間摺ったとしても10日と5時間、次の陶芸教室が始まるのは19日(木)だから・・・うん?ギリギリ終わらないじゃん(^_^;)10時間じゃダメなんだ!

調合して水を加えてロクロの上のミルラックに載せておくだけなので、それほど労力はいらないのですが、回っている時はラジオが聞こえないほどの騒音。
こっれってどれぐらいのものなのか、ちょっと調べてみました。
駅のロータリーに「ただいまの騒音○○ホン」ってあった気がしましたが今はdb(デシベル)だそうです。
で以下は騒音の目安だそうです。

10dbささやき声・・・とてもささやき声じゃないなあー
20db木の葉がすれ合う音・・・木の葉だと!なにってんだてめぇっ感じかな
30dbラジオ放送スタジオ・・・そんな事いったってラジオ局にはなかなか行けないよー
40db一般の住宅(平均値)・・・一般てあんた、家庭にはいろいろあるかと
50db映画館のざわめき・・・だから映画っていったっていろいろあるから
60db普通の会話・・・さっきから言ってるけど普通って?
70db会話に少し大きな声が必要、銀行のロビー・・・おいおい銀行で大きな声で話したらつかまっちゃうよー
80db会話困難、マーケット・・・会話は困難だからこれぐらいかな?マーケットって?

という事で80dbと認定されました。問題はこれを105時間聞き続けるとどうなるのでしょうか?

PS.陶芸教室がお休みのこの時期は大切な作品制作の時間です。いま象嵌をしていますが、集中力ゼロ。間違いばっかり、音が聞こえないのは、こんなに影響があるのですね。
うーん・・・私の作品どうなってしまうのでしょう・・・心配です。
[PR]
by touboukazin | 2010-08-08 22:59 | 陶芸家
←menuへ