<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

d0152269_11122468.jpg

「第60回日本伝統工芸展」に入選した『彩陶象嵌鉢』が、宮内庁お買い上げとなりました。60回記念展という節目の時に、沢山の作品の中から私の作品を選んでいただけたことは、とても光栄です。また、これからの作品制作の上で励みになります。これからも、いい作品ができるよう精進していきたいと思います。
[PR]
by touboukazin | 2013-11-28 11:25 | 陶芸家
d0152269_17213745.jpg

朝7時、外はまだ薄暗く雨が降っています。宿を出た向こうには、米どころ庄内のシンボル山居倉庫があります。港に掛けられた橋を渡ると
d0152269_1722749.jpg

明治時代に建てられたこの倉庫、収容能力は18万俵、自然を利用した低温倉庫として、現在も現役の農業倉庫だそうです。「おしん」のロケ現場にもなったようです。
d0152269_1821263.jpg

最上川河口には、酒田港が、かつては海運で栄えたこの地も今はひっそりとしています。どの船も長い釣り竿が載せられていますが、なにが釣れるのでしょうか?
d0152269_17243334.jpg

鳥海山の山頂が噴火によって吹き飛んで島になったという伝説の『飛島』。名前もそれに由来しているらしい。約39kmと案内には書いてありますが、本当の目的はこちら↓
d0152269_17245551.jpg

ホテルで味気ない食事を一人でするよりは、きのう居酒屋で知り合ったおばあちゃんに教わった漁港に来てみました。ちょっと贅沢に「鮭親子丼」1120円でした。
d0152269_17252079.jpg

こちらは、宿の裏にある酒田町奉行所跡。天気予報に寄るとこれから天気は大荒れに…雨が強くなってきてしました。
d0152269_1725369.jpg

さらに駅に向かう途中には、虚空蔵菩薩。「虚空のように無限の知恵や功徳を持つ菩薩で、知恵・福徳・学徳・技芸上達のご利益があるとされ、丑・寅年生まれの人の守り本尊とされる。」とあります。
d0152269_1726238.jpg

このりっぱなお屋敷は、「本間様には及びもせぬが、せめてなりたやお殿様」で知られる「本間家旧本邸」。美術館もあるらしいのですが、まだ開いていないようです。
d0152269_17261294.jpg

雨の中を30分ほど歩くと、羽越本線酒田駅に着きました。噂に聞く「庄内美人」も「鳥海山」も見る事ができませんでした。知り合ったのは、おばあちゃん一人…(^_^;)
d0152269_17264583.jpg

天候が悪化しそうなので予定を早めて9:47 分発 陸羽西線 新庄行に乗る事にしました。ちょっとめずらしい0番線ホームへと向かいます。
d0152269_1727540.jpg

電化されていないようで、ディーゼルですが、昔のようにうるさくもないし臭くもありません。1車両に2〜3人のお客さんを乗せて東へと進みます。
d0152269_17273766.jpg

このバスのようなワンマン運転は、とても苦手です。ドアはボタンを押さないと開かないし、車内アナウンスで「次の駅では運転手後ろのドアしか開きません」って急に言われても焦るだけなんですけど。
d0152269_17364898.jpg

とても紅葉が綺麗でしたが、雨で窓が曇って写真が撮れませんでした、残念!1時間と7分後の10:54分 新庄駅に着きました。
d0152269_17372719.jpg

次の列車まで、1時間近い待ち合わせ。駅弁は新幹線発着時間しか販売しないということなので改札の外へでてみることにします。
d0152269_17381350.jpg

駅前には、なにもないようなので、繁華街らしきところへと向かいますが、こちらは夜からの街のようですね。いい感じにさびれていて魅力的ではあります。駅へ戻って最後の切り札立ち食い蕎麦へと向かいましたが「5月を持って閉店しました」の無情の張り紙が…
d0152269_17413321.jpg

なにも食べられないまま1時間を過ごし、11:40発 奥羽本線山形行に乗ります。この新庄は、山形新幹線の始発駅のはず、なのにこのさびれようは悲しいものがあります。
d0152269_17471680.jpg

さくらんぼのハウスの中を進んで約1時間後、山形駅の一つ手前の駅「羽前千歳」に12:44 到着です。学生や観光客、ビジネスマンなどで結構混んでいました。
d0152269_17473919.jpg

ここからは、仙山線へと乗り換えます。5分の待ち合わせ12:49 分発 快速仙台行が来ました。仙台への買い物客なのでしょうか?座れないくらいの混雑です。
d0152269_1748827.jpg

4時間におよぶ各駅停車の旅も終わり、終点の仙台へ到着しました。楽天イーグルス日本一で、優勝セールなのでしょうか?駅やアーケード街は、大にぎわい。
d0152269_17483755.jpg

集合時間の6時までは、かなり時間があるので、人々の喧噪と離れてこちらへ。壱弐参と書いていろは横丁と読みます、戦後の闇市的な雰囲気を多く残しています。
d0152269_17491062.jpg

横丁の入り口には、こんなお店が…『ラーメン天丼』???。よく見ると『ラーメン(天丼付き)』と書いてあります。どっちがメイン?ラーメンと天丼って合うの?それにしても500円はリーズナブルです。
d0152269_17493493.jpg

その隣にある、こちらは『文化横丁』別名『ぶんよこ』。その名の通り、なんとなく文化の香りがする古き良き呑み屋街が広がっています。
d0152269_17495956.jpg

午後5時になるのをなにも飲まず、なにも食べず、ひたすら本屋待って横丁入り口に戻ります。恐る恐る小さな路地を入っていくと
d0152269_17502249.jpg

今回の目的地『源氏』があります。縄暖簾をくぐって扉を開ければ、まるで時間が止まったような、静謐な空間が広がります。良き酒、良き酒場を愛する人が、全国から集う店。中には、ここを訪れるためだけに仙台へ来る、という人までいるそうです。コの字型のカウンターの中には、美人女将が。
まず一杯、『高清水』を冷やでいただきます、肴は『菜の花のからし和え』。次は同じ『高清水』をぬる燗でいただきました。写真は撮れませんでしたが、燗付機がレトロでいい雰囲気です。肴は『暖かい?冷や奴』、ぬる燗にぴったりでありました。
残念ながら集合時間まで10分になってしまったのでこれで終了。〆て2600円也。

明日は、震災復興のお手伝いで、石巻の小学校へ陶芸を教えに行きます。陶芸家ができる事は限られていますが、少しでも役に立てたらと思っています。


PS.まるで酒場巡礼紀行になってしまいましたが、金沢へはグループ展の搬入、陳列、接客。石巻へは、復興支援の陶芸ワークショップです。
ところで今回の旅(出張)で一番困ったことは、スイカの使える駅がなかったこと。大都会の金沢でも、本間様の酒田でも、新幹線始発駅の新庄でも使えません。唯一使えたのは終点、仙台駅のみ。15000円もチャージしちゃたんですけど!どうしたらいいの!そういえば、どっかにあったなあオレンジカード…まだ使えるのね?
d0152269_2055278.jpg

[PR]
by touboukazin | 2013-11-24 20:58 | 陶芸家
d0152269_11574577.jpg

昨晩、ひがし茶屋街のBarで3時まで飲んでしまいましたが、8時にはアパホテル片町(4500円)を出て、
d0152269_1158061.jpg

徒歩30分ぐらいで、めいてつエムザに到着。そしてとりあずの目的地は、道路挟んで反対側にある近江町市場。
d0152269_11581380.jpg

きのう食べておいしかった『五郎島金時』などの加賀野菜が並んでいます。ズワイガニの漁期は、なんと今日、11月6日から、どうりで昨晩の料理に出ないはずです。
d0152269_11582379.jpg

そして市場と言えば、喫茶店。市場帰りの職人さんや地元の常連さんの会話を楽しめます。珈琲豆を買いにくるお客さんも多くにぎわっていました。
d0152269_11584121.jpg

10時の開店と同時にめいてつエムザにあるグループ展の会場へ向かいます。自分の作品が卓越しているかどうかは置いておいても人間国宝11名を含む作品は、見応えがあります。
d0152269_1158507.jpg

朝早い時間ですが、会期初日とあってたくさんの人が来ています。地元のテレビ局でしょうか?取材中のようですね。
d0152269_11591243.jpg

夜10時までかかった陳列作業のかいもあって、いろいろな作品の並ぶ東日本コーナーもなんとかまとまりました。午前中は、ここで接客を続けます。旅費を稼がなければなりません。
d0152269_11592758.jpg

食事をとらずに金沢駅へ戻ります。とても近代的できれいな建物ですが、これが100年 200年後に残っていく建築物になるのでしょうか?巨大な総ガラス製の建物が「もてなしドーム」と木製のも構造物が「鼓門」だそうです。
d0152269_11594088.jpg

さあこれから本日の目的である酒田へと出発します。13:37 発『北越5号』新潟行に乗りました。旧国鉄時代の塗装のままの列車は、またいい感じです。
d0152269_120087.jpg

昼食を食べる時間がなかったので、駅の売店で買った『のどぐろ棒鮨』1200円!高級魚とはいえちょっと高い、初めて「のどぐろ」の寿司を食べましたがけっこう脂がのっていておいしかったです。
d0152269_1202029.jpg

新潟までは、3時間43分。車内アナウンスによると「ワゴンの車内販売はありません!」とのこと。お弁当買っておいてヨカッタ。立山連峰?なのでしょうか、雪を冠った山々が見えてきました。
d0152269_1205253.jpg

左の窓には、穏やかな日本海が広がります、冬の日本海も一度見てみたいものです。こんな時間に移動するサラリーマンは、さすがに少なく、1車両に4.5人程度。新幹線が通ったら廃止されてしまうのでしょうか?残念です。
d0152269_1211760.jpg

17:20 日が落ちてすっかり暗くなるころ乗り継ぎの地、新潟駅につきました。ここからは、17:29 発『いなほ9号』酒田行に乗り換えます。
d0152269_1213445.jpg

通勤客なのでしょうか、終点の酒田までは、ほぼ満席の状態。2時間15分後の19:44 秋田との県境、酒田に到着です。これが夜の酒田駅のようす。
d0152269_1215960.jpg

改札を出ると外は真っ暗でなにもありません、とりあえず今晩の宿「酒田グリーンホテル」4200円へチェックイン。駅から離れた港のそばにありました。
d0152269_1222145.jpg

事前に調べてきた居酒屋に向かいますが、地理が全然わかりません。プリントアウトしておいたグーグルマップは、道路地図と違って目印が書いてないので役に立ちません。どこの町もコンビニの前にはヤンキーが…、そして自動ドアの前にさらにドアが、雪国仕様???
d0152269_1223310.jpg

それにしても飲屋街がわかりません。途方に暮れていると前に公務員ぽいサラーリーマンが二人、途中からは現場っぽい職業の方も、これは呑みに行くに違いありません!後をつけて行くと本日のメイン居酒屋『久村の酒場』に着きました。コの字型のカウンターでは、地元の常連さん達が、選挙の話に夢中。閉店時間の9時になっても誰も帰りません、入って来る人までいます。
d0152269_1225676.jpg

とてもいいお店でしたが、初めてなのにズルズルと居座る訳にはいきません、次はこのちょっと高そうなこのお店に入ってみることに。『井筒』なるお店です。
d0152269_1231740.jpg

これは、「ハタハタの田楽」初めて食べて味でした。先ほどの居酒屋でもそうでしたが、地元の人間じゃないとわかっちゃうと標準語になってしまうようです。方言トークしたいのに…
d0152269_1233897.jpg

〆は、「いも煮」と「青菜漬けの焼きおにぎり」、かなり上品なお味でありました。まだまだ魅力的なお店はありましたが、朝早く起きてさっき隣のおばあちゃん?に聞いた漁港に行ってみようと思います。


PS.それぞれ日本酒を2杯、つまみを2〜3品頼みましたが、ほとんど同じ金額。2軒合わせても5600円とお安く楽しめました。でも外見はかなり違うんだけど…不思議です。いつの頃から一人で呑みに行ける様になったんでしょうか?りっぱなオジサンですね〜
[PR]
by touboukazin | 2013-11-23 15:44 | 陶芸家
06:51 西八王子初中央線快速東京行に乗ります。3連休開けの火曜日とあってこの時間でも混んでいます。
d0152269_10364941.jpg

07:14 西国分寺着。07:20発の武蔵野線への乗り換えのため下車、通勤途中のサラリーマンでいっぱい。
d0152269_10371010.jpg

07:48 次の乗り換え駅、武蔵浦和駅に到着。ここで07:55発の埼京線に乗り継ぎます、かなりの混雑。大きな段ボールを抱える私、ちょっと迷惑ですね。
d0152269_10372199.jpg

08:04 大宮駅に到着。ここからは、少しだけぜいたくに新幹線の乗ってしまいました。08:14発『Maxとき307号』新潟行。
d0152269_1037338.jpg

でも乗ったのはわずか1時間弱。09:04 越後湯沢駅で下車します、雪がない時に降りたのは初めて。ここまで来るとかなり冷えてきました。
d0152269_10374585.jpg

09:14発ほくほく線経由、特急『はくたか4号』金沢行きに乗りました。金沢まで約3時間半の道のりです。
d0152269_10381541.jpg

車窓からは、山々の紅葉がきれいに広がります、が、ほとんどがトンネルで景色はあまり見れません。
d0152269_10382967.jpg

トンネルをいくつも抜けると一面にのどかな田園風景が、稲刈りは終わっているようです。日本海側へと向かっていきます。
d0152269_1039346.jpg

2時間31分後の11:58分金沢駅に着きました。事前に調べておいた名店?へと向かいます。ホームにあるのかと思ったら連絡通路にありました。『加賀 白山そば』!
d0152269_10391664.jpg

目的は、これ『富山名物白えびかき揚げ蕎麦』。ちょっと太めの麺に昆布でとった京風のつゆ、そして白えびのかき揚げを乗せます。お値段は、ちょっと高めの520円。
d0152269_10392752.jpg

ふとレジの下を見ると、んっ???『天ぷらラーメン』???酒の呑みの水先案内人、太田和彦の『日本百名居酒屋』で出てきたこともありますが、確か瀬戸内海のどっかが有名だった気がします。工芸会のラーメン博士に聞いてみましたが「なにそれ?うまいの?」とそっちの業界では知られていないようです。
d0152269_10394523.jpg

金沢に来たのは、たぶん20年ぶり。改札を出て駅を出ると、外壁はシートに覆われていて、大規模な工事の真っ最中。
d0152269_1040023.jpg

2年後に迫った北陸新幹線の工事のようです。それにしても『かがやき』とい列車名は、いかがなものでしょうか?鳥の名前とか山の名前の方は、速そうだしかっこいい気がします。
d0152269_10402787.jpg

今回の目的地、めいてつエムザ館へ、開店40周年記念『伝統工芸卓越した美と技展』の陳列作業へ向かいます。やっと段ボールを置けます。
d0152269_19241117.jpg

『石川の工芸』のブース、工芸王国石川県らしく洗練された、緊張感のある作品が並んでいます。
d0152269_19244711.jpg

こちらは、対照的な『東日本の工芸』ブース。これで16名の作家の作品ですが、多種多様な作風です。


PS.急遽作品を作って手持ちで搬入というバタバタした旅になってしまいました。本来ならば飛行機で小松へむかうのが安くて早いのですが、作品が心配なので電車で…。あらかじめ送りたくても前日に窯出しでとても間に合いません。いつもギリギリですいません(^_^;)
それにしてもレセプションの料理は、とてもおいしかったです。立食でのパーティーだと普通あまり期待できないのですが、今まで食べたことのないぐらいに美味でありました。
[PR]
by touboukazin | 2013-11-22 20:31 | 陶芸家
d0152269_13475298.jpg

準備に1年かかった教室展も始まってしまえば、あっと言う間に最終日になってしまいました。初めて八王子から出て国立での開催となりましたが、そこは文化都市、国立、陶芸に対する関心も高く多くの人が来場してくれました。17:00閉会のあと撤収作業をして18:30からは、出品者で打上げ。
d0152269_1348782.jpg

と私の役目は、ここまでで終了です。そこで国立に一週間通っていて気になっていたBarに入ってみることにしました。ジントニック→シーバスリーガル ミズナラ スペシャル・エディション→ヘーゼルバーンと飲んで3000円ちょっと。バーテンダーさんと常連さんの会話が、BGMになって、とてもいい時間を過ごすことができました。『GEMSTONE』というお店です。
d0152269_13481742.jpg

最後の〆は、やはり炭水化物と塩分でしょう。これもまた気になっていた『田田』なるラーメン屋さんに行ってみることに。ミニぶた、小ぶた、大ぶたと不思議なメニュー、昼間は学生らしき若者でいっぱい、なので脂いっぱいの豚骨系かなと思っていましたが、野菜もたっぷりで脂少なめ、スープは香ばしい醤油味で太麺にもよく合っています、また食べたくなる味でした。「ミニ」を頼みましたが、深夜のオヤジにはこれで十分、こんどはチーズをトッピングしてみよう!
[PR]
by touboukazin | 2013-11-17 23:59 | 陶芸家
d0152269_171111.jpg

50周年記念祝賀会に行ってきました。私が20期なので卒業して30年経ってしまったことになります。0B総数500名で200名近い出席、日本全国に散らばっている事を考えると驚異的な出席率です。
d0152269_1711226.jpg

陶芸家になっている人も結構いて、作品展示もありました。2次会は、設立当時の大先輩達と近くの中華屋さんへ、そして最後は、駅の近くの居酒屋へと長い一日となりました。先輩達の衰えぬパーワーには、びっくり。
d0152269_171284.jpg

今回の場所は、神保町駅の側にある「学士会館」でした。東大の人しか使えないと思っていましたが、東京六大学でもない中大でもだいじょうぶなのですね。
d0152269_1714286.jpg

外には、「東京大学発祥の地」の碑が…ちょっと自慢ぽいなぁ…まぁそれはそれとして歴史を感じるいい建物でした。「半沢直樹」のドラマでも使われたそうです。
[PR]
by touboukazin | 2013-11-16 23:58 | 陶芸家
主宰する陶芸教室最大の行事、作品展が始まりました。生徒さんにとっては、作品を多くの人に見てもらういい機会です。
c0199886_10385896.jpg

JR中央線の立川と国分寺の間、国立駅で下車します。特別快速は止まらないので注意してください。
c0199886_1039910.jpg

改札口は、一つしかありませんので、ここを出て
c0199886_10391934.jpg

案内板の南口方面に進みます。
c0199886_10393813.jpg

すると駅前のロータリーが広がります。この左側を直進してください。
c0199886_10394735.jpg

サンクスのある角を曲がると、国立旭通りに入ります。
c0199886_1040121.jpg

そこをしばらく直進すると、
c0199886_10401238.jpg

今回の作品展会場『コミュニティスペース旭通り』があります。道路挟んだ反対側に国立名物『スタ丼』屋さんとセブンイレブンがあります。

この第14回陶芸教室アトリエ陶房花人作品展は、11月17日(日)まで朝12時から夜8時まで(最終日は午後5時まで)
みなさんのお越しをお待ちています。また作品販売のコーナーやロクロの実演コーナーもあります。



c0199886_10402294.jpg

多摩川を渡る鉄橋からは、きれいな富士山が!いいことあるかな?
[PR]
by touboukazin | 2013-11-13 10:54 | 教室行事
←menuへ